アネ恋♀宣言一覧

非表示の作品があります

  • 政略結婚なのに 新妻、着物の下はいつも濡らして
    NEW
    -
    初夜のベッドで夫にアソコを弄られ、快感を声を殺して我慢する新妻。「感じているなら声を出しなさい。さあ」そう言うと舌を這わせる。「あ…っも…っもう…ああ…」ついに嬌声を上げてしまう新妻。「あううっ」夫が挿入してきた。浩之さんとは全然違抱きたかった。この日を待ってたんだ…ずっと…」快感に霞む脳裏に声が響く。え…っ何…? それ以来夫は私にあらゆる快楽を教えた。着物の下に下着を付けず、立ったまま後ろから挿入。風呂場で鏡に写しながら愛撫、そして挿入部分を見せる!!
  • アネ恋♀宣言 Vol.93
    NEW
    -
    「凄いよ、美沙。いつもより濡れている。圭に聞かれるかもしれないスリルで興奮しているんだね。ほら3本の指も簡単に飲み込むくらいビチョビチョだよ」激しいク○ニに顔を扉に向けた時、私達を見ている圭と目が合った!? 夫が挿入する。ああ、圭が…圭が見てる。「美沙…締まる…もう…イク」夫が眠った後、圭に岩風呂に誘われた。お尻の穴を弄りながら「ここのバージンを俺にくれよ」――【ネトラレ!! 恋人の親友にバックバージンを】ほか、淫靡な愛と性の競演、デジタルレディースコミック アネ恋宣言!
  • 絶倫SEX1 エロスの神様
    続巻入荷
    5.0
    1~16巻605~660円 (税込)
    主婦の悦子さんは結婚2年目なのに未知絶頂妻(まだイッたことないヒト)。名前は悦楽の悦の字なのに、性の悦楽を知らない。これは、そんな悦子さんとベッドの鉄人との出会いと快楽研究の物語。友人の紹介で小説家の原稿清書のアルバイトに鎌倉に出かけた悦子。ところが純文学と聞いていた小説はとびきりHなポルノ小説だった。どうやら友人にからかわれたらしい。よせばいいのに「やります」と言ってしまった悦子。フツーじゃないものだらけの仕事場で凄くいやらしいポルノ小説を清書していると、なんだかアソコがうずうずとしてきた。思い切ってイッたことが無いと言ったら、「性感開発をさせてほしい!」と!?
  • 夫に売られた新妻 食卓はベッド
    NEW
    -
    「ディナーは私達。召し上がるのは若社長。あのベッドと言う食卓の上でね…」若社長に食事会に呼ばれた私が見たのは、若社長と絡み合う、人妻達の姿だった!? なんて何が面白いのよ。だけど…もうあんな湿った音を立てて…嫌だわ。指があんな深くまで…感じてるんだわ。あの女。凄くいやらしい顔してるもの。あっちの女だって…アソコがあんなに滴で光って…。「濡れてきちゃった?」未知の快感に濡れて!?

無料で読めるアネ恋♀宣言