エッセイ - エッセイ・紀行 - 萩野脩二一覧

  • 交流絮語
    -
    突然の腰痛で欠勤のやむなきに追い込まれながら、不屈の精神力と、若者との交流による感性を生かし続ける文章がここに綴られる。のんびりと、気楽に読み進めるうちに、納得のいく生活が浮かび上がる。 これは、大震災までの読書と交流と教育への熱き思いの本である。

    試し読み

    フォロー
  • 古稀贅語
    -
    3・11以後に70歳を迎えた著者のプリミティヴな発信。自然の猛威の前には無力であっても、耳目を集中して良い面も見る。それがプリミティヴの発信だと述べる最終講義を収録。

無料で読めるエッセイ - エッセイ・紀行 - 萩野脩二