ファン・フーリック一覧

  • 四季屏風殺人事件
    -
    シリーズ第6弾。デイー判事は身元を秘した旅の途中、山東省ウェイピンの旅舎に宿をとった。彼の前に現われる当地の県知事、富裕な銀行家、美しい未亡人、不良少年、娼婦、そして殺人事件。朱の漆を刻んだ四季屏風の図柄をめぐる謎を軸に、錯綜する推理が展開する……。
  • 中国迷路殺人事件
    -
    「梵鐘殺人事件」を解決したディー判事の新しい任地は、ウイグル族の跳梁する中央アジアのステップ地帯に近い辺境県の蘭坊(ランファン)であった。蘭坊は地方ボスに牛耳られ、町の綱紀は腐りきっていた。判事は息つくまもなく、謎にみちた退役将軍の密室殺人事件、少女の不可解な失踪事件、おかしな迷路をこしらえた故州総督の謎の遺言書という難題に直面する。おなじみのマーロンが縦横な活躍をみせる。 シリーズ第四作。
  • 中国梵鐘殺人事件
    -
    ディー判事(兼知事)の今度の任地は江蘇省の蒲陽(プーヤン)。廃屋となった怪しげな道観(道教の御堂)あり、「子授け」で名を売って今をときめく仏寺あり……赴任早々ディー判事の身辺はたちまち半月小路の殺人事件に忙殺される。異色ミステリーの世界的名作第三弾。

    試し読み

    フォロー
  • 中国湖水殺人事件
    -
    漢源《ハンユアン》は小さな古い町で、湖のほとりにある閉鎖的な町であった。湖は、嫖客《ひょうかく》が美しい娼妓相手に歓楽の宴を張り、水上で一夜を過ごすことのできる、浮きただよう密会の家…「画舫《フラワー・ボート》」で知られていた。判事は招待の宴席でひとりの娼妓の見事な舞いをみる、そのすぐあと娼妓は死体となって発見される。娼妓が舞いの前にもらした謎のことばはどういう意味だったのか…ディー判事シリーズ第二弾。

    試し読み

    フォロー
  • 中国鉄釘殺人事件
    -
    舞台は中国の唐時代、政府の命をうけ次々と各地に赴任するディー判事(兼知事)を主人公にしたミステリー。本巻の舞台は中国北辺の国境に近い商都北州(ペイチョウ)、赴任して4ヶ月ほどは些細な暴力沙汰くらいだったが、ギルド親方の娘の失踪事件が起こり、ついで女の全裸首無し死体が発見され、ディー判事はたちまち捜査に忙殺される。骨董店、綿屋、薬局、紙店、温泉浴場、市場をめぐって、多くの人間が織りなす市井の愛憎ドラマ。 シリーズ第五作。

    試し読み

    フォロー
  • 中国黄金殺人事件
    -
    舞台は中国の唐時代、政府の命をうけ次々と各地に赴任するディー判事(兼知事)を主人公にしたミステリー。本巻の舞台は山東省北辺に位置する港町の県都平来(ホンライ)、知事が殺害され、下手人もあがらず放置されているこの町に、ディーはみずからの希望で乗り込む。そこに待ち受けていたのは、謎だらけの花嫁失踪事件であり、有力商店主、酔いどれ詩人、奇妙な哲学者、娼婦、浮浪人、小作人などの複雑に絡み合った人間模様だった。オランダ出身の異色外交官の手になる異色ミステリーの世界的名作の第一弾。

    試し読み

    フォロー

最近チェックした本