【感想・ネタバレ】プロ野球 二軍監督--男たちの誇り のレビュー

値引き価格 1,056円 (税込) 2月27日まで
通常価格 1,320円 (税込)

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2013年01月26日

プロ野球の二軍という、日の当たらない環境を著者が丹念に取材したストーリー。
その中でも二軍監督を中心に、現代の若者への指導姿勢など、普段語られない状況が綴られている。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月23日

水上善雄と中田翔のくだりを読んで、この二人が大好きになった。
決してスポットライトのあたる立場ではないが、育成の場の責任者の役割を果たす監督の存在の大きさがよく理解できた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月23日

“著者謹呈”の一冊を再読。書かれていることのすべてが真実かどうかはノンフィクションには常につきまとうことなので記述を避けるとしても、こういう切り口で野球を語る方法には興味深さを感じます。著者と親交の深い川相氏が中心かと思いきや、尾崎で始まり尾崎で終わる、これは肩入れせざるを得ないでしょう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月22日

プロ野球の二軍監督にスポットライトをあてた一冊。
出てくるのは水上、片平、山崎立翔、川相昌弘、高橋慶彦ら。

アメリカのファームみたいに主に結果のみという世界とは異なり、日本の二軍監督は選手育成と人間形成の両面を担わないといけない分、大変だろうとは感じていたけど、実際想像以上だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月18日

人を育てる、人を動かす。上(一軍)からの期待に答える。
二軍監督・コーチのプロ野球の二軍観を垣間見ることができる一冊。

かつて、原巨人の日本一に貢献した斎藤宜之。

その後の度重なる怪我に悩まされながらの野球人生に対して、
最後に彼が言ったことが余りにも胸に響きました。


デーブ大久保...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年06月16日

あまり光が当たらないであろうプロ野球二軍を描いたノンフィクション。有名だった選手がどういう指導者となったか、二軍にいる選手の心情、プロ野球における二軍の役割。それぞれの立場での野球への情熱に胸を打たれる。あと、人と人との巡り合わせって本当に面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月04日

 二軍監督って、家族の中の【親父】の立場に似ているなあと思った。
 家族の中って、社会の中の「小さな社会」だが、社会に出る前にあいさつとか最低限のマナーなどをしつけたり、食べさせて大きくする人間修業の場であって、そこの長が親父である。自分の子ども時代を思い出し、成功や失敗のいろいろな経験をもとに子ど...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月15日

ちょっと前に出た本なので、その後ブレイクした選手やそうでない選手、今も現場にいる監督や、違う立場にいる人などが登場する。ある選手についての描写が、その後、報道されたこととまったく逆だったことには驚いた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月23日

なーんか、最後の方で、デーブの暴行事件が「デーブ側」からしか語られなかったうえ(当然と言えば当然なのだが)、菊池雄星を軽く批判しているような節があったのが、なんだかなー、という印象。それ以外は興味深く、すらすら読めたが。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年02月16日

プロ野球の二軍監督という日の当たらない所を丹念に取材し記録した本。
プロとしての成長を支えるコーチングの本としても面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月29日

水上、鳥越など二軍監督の思いや苦労を、素質がありながらなかなか一軍にあがって活躍できない尾﨑や江川の取組をとおして描いている。
厳しい指導や猛練習だけでは、なかなか伸びない若手の育て方の難しさに同感した。

このレビューは参考になりましたか?