【感想・ネタバレ】世界に冠たる中小企業 のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2017年05月07日

会社数では99.7%、従業員ベースでは70%を占める、日本の中小企業。その中で世界に冠たる企業の経営戦略が紹介されている。
何と言っても、共通しているのは、オリジナルがあるということ。どの会社も、この会社でしかできない独自の強みを、持っている。
よく日本は、技術では勝るが、ビジネスでは負けると言われ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月08日

日本には世界トップレベルの技術力を持つ中小企業がたくさんある。筆者は数多のフィールドワークにより本書を執筆した。新潟にある「マルト長谷川製作所」にはじまりいくつも実例を紹介している。どの会社にも共通しているのは「自分たちにしかない技術」を持っていること。それがあるから値下げ競争にも巻き込まれないし、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月12日

力作。
よく取材されていると思う。
強い中小企業は、オンリーワンを持っている。
他と違うことをする。常識にとらわれない。
トップの強い気持ち。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月06日

経産省の「グローバルニッチトップ企業」に選出されたような特徴的な中小企業が数多く紹介されており、「こんな会社もあるんだ」と軽く読むにはいい本。

一方で、各社の紹介はカタログ丸写し同然の美辞麗句を並べただけの文章、しかも明らかに技術や製品を理解していないと思われる表現も多い(ピンぼけと手ブレの区別さ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月11日

日本経済の中核にある中小企業の事例紹介。伝統技術を活かす、専門分野を活かす事で大手の進出出来ないニッチな市場を自ら作り上げた企業の物語。メモ。
(1)日本の強みはロボット、炭素繊維、エンジニアリング•プラスティックの様な先端産業の高品質部材等、決して少なくはない。日本にはこうした先端産業を支える強い...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月26日

う~ん、今一つ。紹介してる中小企業は素晴らしいのだが事実を文字にしただけの羅列感が、読むモチベーションを低下させるような。新書だから仕方ないのか。経営はドラマと思う私が悪いのか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年04月23日

高い人件費とエネルギーコスト、高率な法人税、人口減少に伴う国内市場の縮小など、日本の中小企業を取り巻く環境は決して良いとはいえない。転廃業は後を絶たず、日本のモノづくりを支える基盤が壊滅的な危機に瀕している。とはいえ、日本は今でも世界有数の自動車生産国であり、ロボット、炭素繊維、エンジニアリング・プ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?