カラーグレーディングワークフロー&シネマカメラ

カラーグレーディングワークフロー&シネマカメラ

作者名 :
通常価格 2,640円 (2,400円+税)
紙の本 [参考] 2,750円 (税込)
獲得ポイント

13pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

DaVinci Resolveでのグレーディングをマスター!

デジタル映像ながらもシネマティックな再現を可能にしたカラーグレーディングの技術は、今や流行を超え、映像制作における必携テクニックになりました。
本書は主にDaVinci Resolveを例にテクニックとワークフローを解説していくガイドブックです。
素材はLogやRAWで撮影可能なカメラを想定し、まずは、LogやRAWからの基本的なワークフローを解説。ビデオグラファーや本職のカラリストが実例をもとにDaVinci Resolveでのグレーディングの方法を手順を追いながら説明していきます。
後半は、ミュージックビデオやショートムービーを例に、制作したクリエイターが
小型のシネマカメラや一眼カメラでの撮影から編集、グレーディングをレポートします。

全作例と一部のDaVinci Resolveでの操作手順はQRコードやvideosalon.jpから見ることができます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
趣味・実用 / カメラ・ビデオ
出版社
玄光社
ページ数
127ページ
電子版発売日
2020年09月01日
紙の本の発売
2020年03月
サイズ(目安)
125MB

カラーグレーディングワークフロー&シネマカメラ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    映像と動画の分岐点。それはセンサーが受けた光をあるがままに記録し、その後色と光を自分で調整して表現するか否か。初心者にとっては難解であるが、まずは手元の一眼レフカメラでLog撮影するところかはじめたい

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める 趣味・実用

趣味・実用 ランキング