おんな淫別帖 第三回

おんな淫別帖 第三回

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな彼が自宅で股を広げながら自慰行為をしていたところ、突然二人の女性がやってきた。一人は、無三が処女を奪った娘・穂波。もう一人は初めて見る顔で、千代という名前の30歳前後の淑女であった。穂波曰く、千代は夫の暴力に悩んでおり、しばらく無三の家でかくまってくれないかという。穂波の頼みを承知した無三は、さっそく体中傷だらけの千代を全裸にし、全身をくまなく舐め始め……。

ジャンル
出版社
スコラマガジン
電子版発売日
2019年12月20日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

おんな淫別帖 第三回 のユーザーレビュー

レビューがありません。

おんな淫別帖 のシリーズ作品 1~6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • おんな淫別帖 第一回
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな無三のところへ、20歳前後の女武士・仄香が訪ねてきた。どうやらこの場所を、反幕府勢力たちの隠れ家として疑っているらしい。身の潔癖を証明するため、部屋の中に散乱している春画を見せる無三。すると仄香は顔を赤らめ恥ずかしがる。「仄香さんは処女ですね。オマンコ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • おんな淫別帖 第二回
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな無三のところへ、20歳の結城穂波が訪れる。穂波は医者の娘であり、将来的に父の仕事を継ぎたいため、無三に男の身体を説明して欲しいという。それはお安い御用と自ら服を脱ぎ出した無三。「あなたのお口で肉棒を吸ってくれれば、不思議な汁が出ますよ」と、得意の巧みな...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • おんな淫別帖 第三回
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。そんな彼が自宅で股を広げながら自慰行為をしていたところ、突然二人の女性がやってきた。一人は、無三が処女を奪った娘・穂波。もう一人は初めて見る顔で、千代という名前の30歳前後の淑女であった。穂波曰く、千代は夫の暴力に悩んでおり、しばらく無三の家でかくまってくれ...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • おんな淫別帖 第四回
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、世の情勢には無関心で毎日のように春本書きに精を出していた。ある日、いつものように部屋で仕事をしていると、17、8歳の美少女が二人、訪ねてきた。それぞれ美鈴、小澄と名乗り、たびたび無三のところに出入りしている女武士・天道寺仄香の弟子たちだという。なんでも仄香は、無三にセックスの喜びを教わったせいで、肝心の武士道の稽古が...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • おんな淫別帖 第五回
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三は、新撰組メンバーの相次ぐ訃報を聞き、心を痛めていた。そんなところへ、23歳の里という人妻が遊びに来た。里とは嫁ぐ前からの知り合いであり、彼女の処女を奪った相手もこの無三であった。久しぶりに会った里は、少女の面影は無く、すっかり良い女になっていた。ところが、「子供が生まれて、最近は夜の方がご無沙汰になってます」と悩みを...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • おんな淫別帖 最終回
    続巻入荷
    110円(税込)
    時は慶応4年。茗荷谷の一軒家に暮らす26歳の戯作者・月影無三のところへ、女武士の仄香が別れの挨拶をしに来た。無三に処女を奪われ、女の楽しみを教えられてきた仄香であったが、ついに決戦の地へと召集されることになったのだ。これが最後の淫交かと、早速お互いの身体を舐めあう二人。と、そこへ、無三の昔からの知り合いである美女・美良がやって来た。彼女も仄香と同じ理由で江戸を離れるという。す...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています