マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…2
  • 完結

マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…2

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとももと揉んでいく内に段々と彼女からは艶っぽい吐息が混じり始めてくる…。さらに「こっちからも…して?」と、あお向けになった彼女の言う通りふとももの付け根辺りを刺激すると、ビクッと気持ちよさそうに身体を震わせて……

ジャンル
出版社
モバイルメディアリサーチ
掲載誌・レーベル
エロマンガ島
電子版発売日
2019年08月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
30MB

マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…2 のユーザーレビュー

レビューがありません。

マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて… のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…1
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…2
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…3
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…4
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…5
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...
  • マッサージ以上のこと、するからね?~社畜な彼女は彼の指でイかされて…6
    完結
    「そんなに、そこ…押したらだめぇ…」いつもより濡れている彼女のアソコ。マッサージで火照った体は、指で少し押しただけでも敏感に刺激が伝わってきて…――バンド活動をしている日向が思い起こすのはいつも仕事で疲れている彼女、涼のこと。その日の晩、同棲している彼女に「せめて、これ位は…」と思った日向は拙(つたな)い手つきながら彼女にマッサージをすることに。しかし、足元からふくらはぎ、ふとも...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています