断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中4
  • 完結

断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中4

作者名 :
通常価格 220円 (200円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!」慌てて美紅仁の服を脱がせたが、妙に色っぽい彼女の下着姿にムラムラ…! やがて二人きりのオフィスに、熱い喘ぎ声が響き渡り始めて…

ジャンル
出版社
モバイルメディアリサーチ
掲載誌・レーベル
エロマンガ島
電子版発売日
2019年11月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中4 のユーザーレビュー

レビューがありません。

断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中1
    値引き
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中2
    完結
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中3
    完結
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中4
    完結
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中5
    完結
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...
  • 断られても、挿入れるから。~深夜のオフィス…SEXしながら残業中6
    完結
    一番気持ちいいところを、彼の指が下着越しに擦り上げる。じっくりとイジり回されたアソコはびしょびしょに濡れてしまい…「脱がさないで…このまま…」――筋肉だけが取り柄の営業マン・百瀬泰造と、自由奔放なデザイナー・早川美紅仁。二人で新しい下着の企画を立ち上げることになったものの、意見が合わず前途多難。深夜の残業中、ふとしたことから泰造が美紅仁にコーヒーをこぼしてしまう。「早く脱いでっ!...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています