授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。1
  • 完結

授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。1

作者名 :
通常価格 275円 (250円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのいろんな反応をもっと見たくて、さらに振動を強めていくと…!?

ジャンル
出版社
モバイルメディアリサーチ
掲載誌・レーベル
エロマンガ島
電子版発売日
2019年07月05日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。1 のユーザーレビュー

レビューがありません。

授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。1
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。2
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。3
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。4
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。5
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...
  • 授業中にナカイキ性開発!えっちなオモチャでイカせてみた。6
    完結
    「気持ち良すぎて…もう立ってられない…」下半身から響いてくる甘く痺れる振動に支配され、快感に染められた身体は授業中でも絶頂が止まらない! ――佐々木は教室で拾った怪しげなスイッチを恐る恐る作動させてみると…隣の席の小林さんから喘ぎ声が! スイッチを上げ下げすると、それに呼応するように小林さんが身をよじる。「まさか…ローターを挿入れてる!?」快感を必死に堪え、頬を紅潮させた小林さんのい...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています