【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第2話
  • 完結

【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第2話

作者名 :
通常価格 99円 (90円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

カテゴリ
アダルト
ジャンル
アダルトマンガ
出版社
悶々堂
ページ数
32ページ
電子版発売日
2019年06月28日
サイズ(目安)
9MB

【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第2話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) のシリーズ作品 全9巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~9件目 / 9件
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第1話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第2話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第3話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第4話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第5話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第6話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第7話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 第8話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
  • 【新装版】愛しの彼女はアイツのオモチャ ~無力な僕は、喘ぐあの子を見てるだけ~ (単話) 最終話
    完結
    「他の男で善がるお前を見て、どこをどう信じろっていうんだっ!!」…そんなことを言いたかったんじゃない。俺は、本当に…愛奈のことを信じたかった。あの日、イジメ現場を愛奈が目撃するまで俺と愛奈は幸せだった。幼馴染であり恋人。一緒に過ごす時間は他の人より長かったくせに、身体を繋げたのは最近のことだった。けれど、今はそれすら…遠い過去に思えてくる。イジメの加害者に揺さぶられ、艶声をあげる愛奈。その傍らで目を逸らすことを許されず、彼女が寝取られるさまを見続ける自分。俺達はお互いに信じ合ってた。この最悪な取引にも負けないと、そう…思っていたのに…。 この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています