【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第4巻
  • 完結

【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第4巻

作者名 :
通常価格 528円 (480円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻って来る事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。
10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるらしい。性別は男の子だけど、次第に俺も凛ちゃんに惹かれていき…しまいには身体の関係まで!?
俺を捨てて出て行った妻と、何か理由があって我が家にやって来た凛ちゃん…何故俺は妻じゃなく、彼を選んだのか?
この作品は同タイトルをコマ割りし、画質を向上させた【新装版】です。物語の内容・登場人物等に変更はありません。
収録されている「話」はサンプルページの目次をご確認下さい。

ジャンル
出版社
悶々堂
ページ数
92ページ
電子版発売日
2019年07月26日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
22MB

【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第4巻 のユーザーレビュー

レビューがありません。

【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第1巻
    完結
    結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻ってくる事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。 10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるら...
  • 【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第2巻
    完結
    結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻って来る事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。 10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるら...
  • 【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第3巻
    完結
    結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻って来る事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。 10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるら...
  • 【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第4巻
    完結
    結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻って来る事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。 10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるら...
  • 【新装版】親戚の男の娘が突然俺の部屋に転がり込んできた! 第5巻
    完結
    結婚して1年、俺は妻に逃げられた。まさか妻に浮気されるなんて…それでも俺は妻が俺の元に戻って来る事を信じ、待っていた。そんな時、親戚の子を預かる事に!男の子だけど、髪が長くどこからどう見ても女の子では無いのかと思う風貌に俺は戸惑った。 10以上年も離れているし、おまけに凛太朗って名前なのに『凛ちゃん』って呼んで欲しいとか言ってくるし…しかも、この『凛ちゃん』どうやら俺に気があるら...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています