弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第4話
  • 完結

弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第4話

作者名 :
通常価格 198円 (180円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自分の身近におり、世話を焼いてくれていた幼馴染が自分の背中を追いかけていた弟に犯される心労は果てしなく、「なぜこうなったのか」と塞ぎ込む日々が続いた。そしてようやく自分の気持ちに気付き、宮古を取り戻す為に動き出すのだった……。

ジャンル
出版社
あまからや
ページ数
28ページ
電子版発売日
2019年09月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
8MB

弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第4話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第1話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第2話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第3話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第4話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 第5話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...
  • 弟の部屋から漏れ聞こえる幼馴染の甘い声 【単話】 最終話
    完結
    夜船翔は幼馴染の朝霧宮古に朝を起こされ一緒に登校し、たまに弟の駆に毒を吐かれそれを諌める、というようなありふれた日常を謳歌していた。そしてその日常はずっと続くと信じて疑わなかった。しかしある日クラスメイトが弟の駆に「宮古をどう思っているのか?」と尋ね、返答として「好きだ」と告白してから事態は一変した。駆と宮古は付き合いだし、事ある毎に隣の部屋で情事に明け暮れる日々。ずっと自...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています