欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第2話
  • 完結

欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第2話

作者名 :
通常価格 198円 (180円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。
我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ!
しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。
そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「においフェチ」である事を明かし、自分の秘密をばらさないように懇願してくる…俺は交換条件として、先輩にセ●レになることを要求した!
かくして、「におい」を巡る俺と先輩の奇妙で卑猥な関係が始まった…!

ジャンル
出版社
あまからや
ページ数
30ページ
電子版発売日
2019年09月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第2話 のユーザーレビュー

レビューがありません。

欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第1話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第2話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第3話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第4話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 第5話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...
  • 欲情ふれぐらんす! ~嗅いだら絶頂症候群~ 【単話】 最終話
    完結
    季節は夏…超汗かきの俺にとっては最悪な時期に、その事件は起きた。 我が校きっての美女である『香虞耶花織』先輩が、男子更衣室にて俺の体操着の臭いを嗅いでいたのだ! しかも先輩は、混乱する俺に「私とHしない?」と誘惑してくる始末…性欲を持て余す年頃としてそんな事を言われて黙っていられるはずもなく、俺は先輩と一線を越えてしまう。 そして事後、先輩は自分が男の汗の臭いで興奮する、所謂「に...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています