彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第1話
  • 完結

彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第1話

作者名 :
通常価格 132円 (120円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……

カテゴリ
アダルト
ジャンル
アダルトマンガ
出版社
あまからや
ページ数
30ページ
電子版発売日
2019年09月17日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
9MB

彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第1話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 のシリーズ作品 全6巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~6件目 / 6件
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第1話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第2話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第3話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第4話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 第5話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……
  • 彼氏に言えないバイト先でのヒミツ ~店長の腰振りテクに勝てなくて~ 【単話】 最終話
    完結
    どこにでもあるファミリーレストラン。そこの店長・砂木沼庄司は自らの権限を使って好き勝手していた。ご飯や飲み物を自由に飲み食いするのは当然として、目をつけた女の子に近付き、唾を付けるのである。そして最近、目を付けた女の子・柳香住に声をかけていた。香住は最近彼氏が出来ていたが些細な事で喧嘩し、そこに付け入られ庄司に近寄られた。巧妙な相手を立てる言葉、愚痴を聞きつつ相手が思わず気を許してしまいそうな立ち回りにやられ、まんまと香住は彼氏に捧げる筈の処女を散らしてしまう。そこからは庄司の独壇場。香住はまるで蜘蛛の巣に絡め取られた蝶のように庄司の腰振りにだんだんと馴染まされ堕とされて行くのだった……

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています