熊本あるある

熊本あるある

作者名 :
通常価格 864円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

部外者には「???」な、熊本独特の「あるある」を怒涛の大放出!

熊本の常識から、街ネタ、グルメ、方言、カルチャー、スポーツまで当地ネタ満載!
熊本に転勤してきて話題に困っているビジネスマン。熊本に転校してきて会話がかみ合わない学生さん。熊本に興味のある人ない人。そしてもちろん、熊本で暮らすあなたに──
より快適な熊本ライフに必須の1冊!


【収録予定あるある】

・下通り、上通りなどの繁華街に行くことを「まち」へ行くという。
・男女共学の県立高校なのに34年間、女子しかいなかった学校がある。
・居酒屋などで大皿に一つ残った料理を肥後のいっちょ残しという。
・すいかは、皮まで漬物にし、まるごと全部食べる。
・太平燕(タイピーエン)は全国の食べ物だと思っている。
・たいがいのことは「よかたい、よかたい」でほぼ解決する。
・驚いた時「ばっ」と言う

ジャンル
出版社
TOブックス
電子版発売日
2018年01月25日
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2015年02月10日

熊本を離れて長いけど、懐かしいネタばかり。センタープラザのネタも入れて欲しかった(^^;;。もうなくなっちゃうらしいし。
高校大好きなのは確かに熊本だけの文化かも。こっちは淡白。熊本県人で良かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play