※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

史上初、3100万局の牌譜データを東大卒の麻雀研究者が徹底分析!

麻雀の戦術や何切るを語るのは誰だってできます。しかし著者は何を語るにもデータありき、というより、データという根拠がないと何も語りたがらないカタブツ。そんな著者だからこそ書けた、最も麻雀研究に誠実に向き合った麻雀戦術本です。

カンチャンリーチのアガリ率は43%もあるからリーチせよ
もろ引っ掛けの危険度は8%もあるから危険
開局で2千点アガるだけでトップ率は30%にもなる
愚形待ちよりフリテン3メンチャンで立直しろ(アガリ率46%)
裏1とリャンメンツモで迷ったら裏ドラにかけよ(31%のる)
2家リーチになったら横移動を祈れ(成功率43%)

などなど、読めば読むほど数字と一緒に強くなれる戦術が盛りだくさん。
また、本文に触れられていないデータ集も盛りだくさんなので、あなたが麻雀を打った後に実際の局面でどうすべきだったのか、自身の麻雀をチェックするのにも役立ちます。

気軽に楽しみたい人よりは、しっかりと数値とともに学びたい人向けです。

ジャンル
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
近代麻雀戦術シリーズ
ページ数
192ページ
電子版発売日
2017年08月18日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。