世界最後の日々

世界最後の日々

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この十余年に描かれた膨大な作品群から、もっとも重要な短編を作者自らセレクト。
書下ろしの解題では、創作の秘密や自身のルーツがはじめて明かされる。
『明日また電話するよ』、『夕方のおともだち』に続く自選集3部作、完結編。

完結記念特別企画 山本直樹・父娘インタビュー「娘から父へ、今いちばん聞きたいこと」収録

【目次】
この町にはあまり行くところがない
きさくなあのこ
世界最後の日々|出発
世界最後の日々|コンビニ
世界最後の日々|川
世界最後の日々|パーティー
世界最後の日々|世界最後の日々
なやまない
アイスクリーム

イマジナリ
青空
ひどいやつらは皆殺し
ひどいやつらは皆殺し2
ひどいやつらは皆殺し2001
夜組|NIGHT SHIFT

山本直樹・父娘インタビュー「娘から父へ、今いちばん聞きたいこと」

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
CUE COMICS
ページ数
396ページ
電子版発売日
2017年05月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
235MB

新刊オート購入

世界最後の日々 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年08月08日

    佐々木文庫より。まさかの巻末の父娘インタビュー。すっごいな、これ。と思って、本編よりも見てしまった。(11/5/2)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月06日

    山本直樹先生の傑作短編を集めた傑作集。
    読後感がすばらしい。
    なんとも言えない感覚に陥ります。
    人を選ぶのでハマればズブズブ間違いなしです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月08日

    鈴木成一さんの装幀と、タイトルの謎めいた感じに興味が湧いて読み切った。
    きっかけは『鈴木成一デザインの手本』

    これって、エロ漫画?エロ漫画というより、性行為漫画とか言ったほうがしっくりくるかな。性行為の外見のインパクトを見て、目の刺激を得られる漫画、という感じがした。それと、妙な悲壮感がいちいち新...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    <内容紹介>
    無限の邂逅―著者自身が認める、ベストワークス。
    この十余年に描かれた膨大な作品群から、もっとも重要な短編を作者自らセレクト。
    書下ろしの解題では、創作の秘密や自身のルーツがはじめて明かされる。
    山本直樹の精髄が凝縮された、異彩の書。
    『明日また電話するよ』、『夕方のおともだち』に続く自...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    ひさしぶり。という感じ。ほとんど連載でよんでいたので。女の子はえてしてずっとかわいらしいままなのだけれど、男の描写がどんどん気持ち悪くなってくる気も。そこがまたたまらない。エロだけでなく空間がねじれるような感じがよいのだと思う。巻末のお嬢さんによる質問もおもしろい試みだと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月29日

    自選短編集の第3部(第2部は買い忘れた)。ちょっと長めの中編の表題作が入っていたりと、作品の幅は広い。また、とらえどころのない終わり方をする作品は少ないので読みやすさは高い 。でも、やはりとらえどころのなさが山本直樹の良さという感じもするので、第1部の「明日また電話するよ」のほうが山本直樹らしさが出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月13日

    エロマンガですか。
    ちょっと痛い。汚い。
    あまりこういう本は読まないのですが、面陳されていたので買ってしまいました。
    そうでもしないと読まなかったと思うので、良い機会だったと思います。

    分厚くてボリューミィです。
    短編集です。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています