明日また電話するよ

明日また電話するよ

作者名 :
通常価格 1,320円 (1,200円+税)
獲得ポイント

6pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

この十余年に描かれた膨大な作品群から、もっとも重要な短編を作者自らセレクト。
書き下ろしの解題では、創作の背景や自身のルーツが仔細に明かされる。
山本直樹の精髄が凝縮された異彩の書。

「何度も読みました。私の中の女が、犯されたような気持ち。ズルい」西加奈子(作家)

【目次】
みはり塔
ぽつん
泳ぐ
コールド
渚にて
アナログ温泉
テレビばかり見てると馬鹿になる
肉彦くんとせんせい
Cl2
呼ぶ声
明日また電話するよ

山本直樹の歴代ハマリモノ集成

ジャンル
出版社
イースト・プレス
掲載誌・レーベル
CUE COMICS
ページ数
380ページ
電子版発売日
2017年05月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
232MB

新刊オート購入

明日また電話するよ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年08月28日

    表題作が、もうつらくて仕方が無い。
    しのびよる終わりの予感をごまかしながら、「また電話するよ」と今日もまた叫ぶのだろうね。

    でも、ゆっくりと坂道を落ちていくような人生のなかで、そういった言葉を投げかけることのできる人がいるって、きっと、幸せなんだろうな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月08日

    佐々木文庫より。スケベなのに、そんなにスケベさを感じないのは、リアリティがないからか、どこかSFチックだからか。なのかもしれないな。感情が希薄だから。でも、面白い漫画、描くな、と思う。(11/5/2)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月06日

    山本直樹先生の傑作短編を集めた傑作集。
    読後感がすばらしい。
    なんとも言えない感覚に陥ります。
    人を選ぶのでハマればズブズブ間違いなしです。

    三つの短編集の中で個人的にコレが一番好き。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年11月27日

    映画や文学作品を見ているような独特の感性、死にも繋がるような乾いたエロスの空気。
    時にひりひりするようなとぎすまされた空気の中に浸ることが出来る、山本直樹という作家の持つ世界が一気に凝縮された一冊。
    基本的なテーマは「エロス」と「妄想」ゆえにただのエロマンガじゃないか、と一蹴されてしまいそうなのです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月29日

    年齢指定はないけどエロい本には違いない。
    日常を切り取ったようなストーリーと少しの切なさ、なんとも言えず不安になる読後感。だけどそれが心地良い。
    繰り返し読みたくなる一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月20日

    山本直樹氏の厳選短編集。

    どれもこれもゆるやかにエロスの薫る珠玉の名作です。

    エロいんだけど、ゆるいの。
    そこが良い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年03月25日

    ただのエロ漫画ではない
    切ない
    表題作の閉塞感
    悲しくなってきた。。

    ただのエロ漫画ではないが、ほぼエロ漫画。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年04月20日

    <内容説明>
    夢幻と感傷──著者自身が認める、ベスト・ワークス。
    この十余年に描かれた膨大な作品群から、最も重要と思われる短篇を作者自らセレクト。
    書き下ろしの解題では、創作の秘密や自身のルーツがはじめて明かされる。
    山本直樹の精髄が凝縮された、異彩の書。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月29日

    作者自身によって選ばれた自選短篇集の第1部。各話ごとに作者による簡単な解題がついている。
    山本直樹というのは何度読んでもとらえどころがないというか、よくわからないというか。なのについ読んでしまう。かつて有害図書指定されたように、山本直樹の特徴はその性描写、とくに少年少女のそれで、これは一貫して変わら...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月23日

    山本作品を初めて読んだ。
    えろかった間違いなくえろかったんだけども全部どこか切ない。
    切ないというか関係性の終わり世界の終わりが最後にちらつく作品が多い。さっきまであんだけぬらぬらしてたのに。
    どの話もすごく魅力のある完全山本ワールドという感じで、正直見てられない目を背けたくなるモノもあったりしたけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています