復襲 ~新任教師・大森優子~ 第4話
  • 完結

復襲 ~新任教師・大森優子~ 第4話

作者名 :
通常価格 88円 (80円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。
それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。
それなのに……
「大村くんがクラスで孤立しています。
みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」
新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって
僕の学園生活は無茶苦茶になった。
クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。
だから僕は復讐する…
大森優子のその肉体に…
「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」
こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた…
その偽善の対価を支払わせるために…

カテゴリ
アダルト
ジャンル
アダルトマンガ
出版社
悶々堂
ページ数
23ページ
電子版発売日
2016年11月18日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
6MB

復襲 ~新任教師・大森優子~ 第4話 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

復襲 ~新任教師・大森優子~ のシリーズ作品 全8巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~8件目 / 8件
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第1話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第2話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第3話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第4話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第5話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第6話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 第7話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…
  • 復襲 ~新任教師・大森優子~ 最終話
    完結
    僕、「大村正志」は、クラスで目立つ存在でもなく、友達と呼べる人間もいなかった。 それでも大きなトラブルもなく、なんとか学園生活を送っていたんだ。 それなのに…… 「大村くんがクラスで孤立しています。 みなさん、大村くんと友達になってあげてね。」 新しくクラスの担任になった新任教師「大森優子」の放ったこの一言によって 僕の学園生活は無茶苦茶になった。 クラスの奴はおろか、他のクラス、学園の生徒にまでバカにされ、笑われる毎日。 だから僕は復讐する… 大森優子のその肉体に… 「今度はお前の生活が滅茶苦茶になる番だ…」 こうして僕は大森優子のいる自習室の扉を叩いた… その偽善の対価を支払わせるために…

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています