泥棒の心得とは、足音をたてず、抜き足、差し足、忍び足。そんな心得を親父から教わった男はすぐに実行するが、交番の前で不審に思われて職務質問をされてしまう。つい、正直に泥棒と答えてしまったマヌケな男は、そのまま逃げ帰り…。そして、今度は墓場に忍び込んで墓石を盗み出す。大きな荷物を見て喜ぶ親父だが…。落語を題材に描いた爆笑短編集!※この電子書籍は発行当時の単行本を底本としております。読みにくい箇所が含まれている場合もございますので、あらかじめご了承ください。

ジャンル
出版社
eBookJapan Plus
ページ数
190ページ
電子版発売日
2016年07月29日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 落語漫画 (1)
    完結
    通常版 1巻 324円(税込)
    泥棒の心得とは、足音をたてず、抜き足、差し足、忍び足。そんな心得を親父から教わった男はすぐに実行するが、交番の前で不審に思われて職務質問をされてしまう。つい、正直に泥棒と答えてしまったマヌケ...
  • 落語漫画 (2)
    完結
    通常版 2巻 324円(税込)
    友人から届いた英語の手紙が読めず困った男は、英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語、おまけに火星語も話せると豪語する鼻高先生を訪ねる。この文字は確かに英語だと言う先生だが、中身を読んでくれな...
  • 落語漫画 (3)
    完結
    通常版 3巻 324円(税込)
    仕事もせずに怠ける男が世の中の不景気を嘆く。文句を言う女房と、どっちが貧乏神かと罵り合うが、その大声につられ本物の貧乏神がやって来てしまう!住み心地が良さそうなので、しばらくこの家に住むと言...
  • 落語漫画 (4)
    完結
    通常版 4巻 324円(税込)
    質屋に忍び込み、質に入れた自分の物を取り返すので泥棒ではないと、妙な理屈を主張する男に、友人は自分の物も一緒に取り戻してくれるなら、名案を教えると言うが…。いつも世話になっている兄貴分のデブ吉...
  • 落語漫画 (5)
    完結
    通常版 5巻 324円(税込)
    花見客を驚かすため、3人の男は桜の木の下で仇討ちの真似事を企てるが、そこへ仇討ちの助太刀をと、本物の武士が現われ…。高値で売れる珍品を求め、日本国中を旅する商売人。ある田舎の村で猫の餌が入った...
  • 落語漫画 (6)
    完結
    通常版 6巻 324円(税込)
    昔は乗りものといえば駕籠。遊び好きのお大尽は駕籠に乗って、北と言えば吉原、辰巳の方向へと言えば柳橋と粋なもの。金がないヤセ吉とデブ吉の二人に業を煮やしたご隠居は駕籠を用意し、働くよう命じる。...
  • 落語漫画 (7)
    完結
    通常版 7巻 324円(税込)
    宿代を溜め込んだ侍が宿屋の白い屏風に描いた雀の絵。その雀が屏風から飛び出し、宿屋は大騒ぎ。噂は広がり、その絵を見ようと大勢の客が押しかけ、宿屋は大盛況。ある日、殿様がやって来て、屏風を千両で...
  • 落語漫画 (8)
    完結
    通常版 8巻 324円(税込)
    親孝行は人の鏡。昔は親孝行した者に金一封が与えられたそうで、その金を元手に孝行糖と名付けた飴を売ることにした与太郎だが…。三延山にお参りした男は、江戸まで近道で帰ろうとして、道に迷ってしまった...
  • 落語漫画 (9)
    完結
    通常版 9巻 324円(税込)
    将棋に夢中の殿様。家来たちが、わざと負けているとは知らず、すっかり天狗に。自信満々の殿様、負けると頭を殴られるとの条件を。家来たちは全員、コブだらけ。武士道も地に落ちたと嘆く家老が殿様を諌め...

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。