大学生の祐二は兄嫁の双葉に片思いをしていた。彼女はセミロングの黒髪と丸っとした輪郭で30代とは思えぬ童顔。幼顔とは裏腹にグラマラスなプロポーションだった。兄嫁は数日に一度は祐二の部屋に来て、料理を作ってくれる。祐二は彼女も作らず、悶々とした日々を過ごしていた。いつものように部屋にやってきた双葉が、珍しく酔っ払って大胆な行動に出たことで、祐二は兄嫁の好意を感じ取った。そして、自分の思いを行動に移す。ある日、ちょうど双葉が部屋に入ってきた時に停電になると、寒さと暗さからもっと近くにくるように提案。距離を詰めた祐二はマフラーで彼女の両手首を絞め上げると強引にキスをする。イヤがる言葉とは裏腹にあそこをグッショリと濡らす双葉。以前に兄から夜の乱れっぷりを聞かされていた祐二は、嫉妬心で燃え上がる。そのまま肉棒をくわえさせると、口の中にタップリとザーメンを……。【※本作品はブラウザビューアで閲覧すると表組みのレイアウトが崩れて表示されることがあります。予めご了承下さい。】

ジャンル
出版社
綜合図書
電子版発売日
2015年07月03日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。