●第1章 マイナス三〇度の世界
・寒さの極限
・競走馬の悲哀
・アイヌの英雄
・ザラ板から学んだ知恵
・太鼓なんていらない、食いモノ持ってこい
・コインロッカーベイビー
・爪を切ってくれた先生
・私は親に二度捨てられた

●第2章 どん底なんてない
・どん底は無限
・石橋を叩いて渡る愛
・青春の傷跡
・新聞に載る人間になる
・オレはこう生きていく
・特別少年院の日々
・親を殺した友
・彼女が死んだ日

●第3章 常識はずれ
・人と同じことをするのがダメな私
・常識からの脱出
・「そこに山があるから」
・中国ビジネスは、むずかしい
・鵜飼いぼっち
・やる気強奪者
・引き戻しの法則

●第4章 突破するビジネス
・「居酒屋革命」
・前代未聞どころじゃない
・手形の正しいパクリ方
・時代は変わる
・親は、親だから偉いのか
・寮長先生との最後の会話
・信頼の原点は家族

●第5章 どう生きる
・命の選択
・なぜ好きなことをするのがいいのか
・未知なる道
・昨日には、もう戻れない
・これでいい、はずがない
・あきらめが失敗の本質
・発想力と企画力
・プロとアマの違いとは?
・脳内事件簿
・糖尿病は病気じゃない
・本を読まないと、バカになる
・恒星人間 vs 惑星人間
・エピローグ

●著者 天野 雅博

◆担当編集者のコメント
 天野さんが『貧乏は完治する病気』を出版したのは、ほぼ1年前のことでした。養護施設を出て少年院からの脱走を繰り返し、少年刑務所にまで送られたものの、その後ビジネスで大成功を収めた天野さんが、「貧しさとは何か」「カネとは何か」について著わした前著は大きな反響を呼び、6万部を超えるベストセラーとなりました。その後、より天野さんについて知りたいとの要望が読者の方々から多く寄せられましたが、その声に応えて、ご自身の体験と考え方をより赤裸々に執筆されたのが本書です。どん底の人生から勝ち抜くためには何が必要かが余すところなく書かれた本書、ぜひご一読ください。

ジャンル
出版社
あさ出版
掲載誌・レーベル
あさ出版電子書籍
ページ数
203ページ
電子版発売日
2014年02月07日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

ユーザーレビュー

まだレビューはありません。