クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(11)
  • 最新刊

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(11)

作者名 :
通常価格 711円 (647円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

母との関係を修復したい麻友は、じっくり話をするべく母を温泉旅行に誘う。母は、麻友に謝りたい、謝る時間がほしいと考えていたため、誘いを快諾する。
 同行した克樹は、麻友と母が話を切り出すタイミングをうかがってもじもじするさまを眺める。付き合いたてのカップルか。
 麻友の心に残っていた最後のひっかかりが解決し、麻友と克樹が心底のびのびいちゃいちゃできる、大人気ラブコメ11巻!

カテゴリ
アダルト
ジャンル
官能小説
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
オシリス文庫
電子版発売日
2020年11月13日
サイズ(目安)
12MB

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(11) のユーザーレビュー

    購入済み

    まぁ、良いんじゃないですか?

    nanjyo 2020年11月14日

    なんか安定し過ぎてて、読むのも苦にはならないんだけど、
    最初の1〜2巻が良過ぎたが為に、落ち過ぎすぎた内容となってしまった気がする。
    さて、次巻が最終巻との事で、期待して待ちます♪

    このレビューは参考になりましたか?

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 のシリーズ作品 1~11巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~11件目 / 11件
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間
    家出少女らしきものを拾った。コンビニの煙草の自販機の隣で。彼女は「拾ってください」と書かれたダンボール製の手作り札を首から下げていた。このままでは犯罪に巻き込まれると考えた主人公・比良克樹(ひらかつき)は、面倒だと思いつつもしぶしぶ自宅に連れ帰る。家出の経緯を聞いても華麗にスルーする彼女だが、噛み合わない会話を交わすうちに少しずつ打ち解け、1週間限定で寝泊りすることを許可する...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(2)
    コンビニの自販機の隣で家出少女らしきものを拾ってから2ヵ月。俺たちは共同生活を続けている。 俺、比良克樹(ひらかつき)が帰宅してドアを開けるとそこには裸エプロン姿の麻友(まゆ)が立っていた。 どうして麻友がこんなことをしたのか俺は知っている。 だけど俺には麻友に手を出さない理由があった。……たとえ隣で自慰をされてもその理由は変わらない。 家庭が崩壊した者同士、この関係がただの傷の...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(3)
    「あ、待ってください。ネクタイ曲がってますよ」 共同生活中の家出少女、麻友(まゆ)は、俺がせっかく締めたネクタイの結び目を指でほどき、整えた。 「えへへ、こうやってるとまるで新婚さんみたいですね」 「お、おまえが曲げたんじゃねーか!」 俺、比良克樹(ひらかつき)は就職活動を始めていた。紆余曲折がありながらも、麻友との生活は俺たちを変えていた。いまは生きる目的がある。生きたいと思...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(4)
    穏やかな春の日常。 俺、比良克樹(ひらかつき)は麻友(まゆ)のために印刷会社で働き始めた。 しかし同人誌の原稿チェックをするたびに性欲は募るばかり。 とうとう麻友の黒ストッキング姿に欲情して足でしごいてもらうように頼み込んでしまう。 だけど麻友の機嫌を取ろうと弁当を買いに出かけた俺は、黒ストッキングのことばかりを考えるあまりに迫るトラックに気づけなかった──。   「麻友こそ俺の天...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(5)
    「克樹(かつき)さん、ひどいです! 共に歩むと誓ったことは嘘だったんですか!?」 「お、おい……いきなりなんだよ……。なにが届いたんだ」 克樹の人格改変事件も無事解決した6月のある日、ふたりが住むアパートに麻友(まゆ)の悲鳴が響き渡った。 レンタルビデオ店から克樹に誕生日祝いのハガキが届いたのだ。 大切な日を教えてくれなかったことに怒る麻友と、つれない克樹のあいだはちょっとした冷戦状...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(6)
    迷子の男の子・空弥とのつかの間の同居も終わり、もとのふたり暮らしに戻った克樹と麻友。 麻友は疑似家族のような生活が忘れられないみたいで、ときどきうわの空だったりする。 そんなこんなで夏を迎え、克樹の働く会社も同人誌印刷で超繁忙期に! 「じゃあ私が克樹さんの会社に行きます!」 臨時のバイト募集に麻友が前のめりで応募してきて──。 個性的な印刷会社令嬢・華子に「孕ませてもらって既成事実...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(7)
    克樹は前から思っていた……麻友にはマイクロビキニが似合うって! 思いつきで極小水着をプレゼントされてドン引きする麻友だったが、克樹の押しに負けてしぶしぶ着替えを──。 「写真撮っていいか?」 「絶対にイヤです! そんなことしたら携帯をみじんぎりにしてお鍋の具にします!」 記念撮影はまぬがれたが、なぜかふたりでお風呂に入る羽目に!? そんな秋の朝、“あの事件”からずっと入院していた麻友の...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(8)
    「あれ、ちょっと待ってください」  麻友は“あること”に気づいた。部屋掃除をしていると見つかる克樹のエロ本には、“ある属性”がやたらと散 見されることに。 「……どれほどの効果があるのか、検証する必要があるようですね」  やめておけばいいのにというべきか、もっとやれというべきか。麻友は以前にもしたことがある“その姿”になって、克 樹の挑発を試みる。すると――効果はバツグンだ! テンション最...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(9)
    「3、2、1、ゼローーーーっっ!!」  時計を放り投げた麻友が天井に向かって大きくガッツポーズをしていた。 「やりました、ついにこのときを迎えました……! ああ、ついに私もその甘美な液体で喉を潤すことができるんです。飲んで飲んで、ついにはお酒に飲まれてしまって、電柱に説教するような大人についに私も……!」 「まぁ、とにかくあれだ。……20歳の誕生日おめでとうな、麻友」  お酒を飲むことを楽し...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(10)
    俺の脚のあいだにすわりながら、麻友はこくこくとビールを飲んだ。  飲んでいるものは酒だけど、その仕草は無邪気な子供のよう。  艶めく黒髪は撫でるたびに手に馴染む。  うしろから抱きしめるような姿勢のせいで麻友のにおいを感じる。石鹸の匂い。シャンプーもボディソープも俺と同じものを使っているはずなのに、俺よりもいい匂いな気がする。  俺は空になった缶を手放して、麻友の腰のあたりをぎ...
  • クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間(11)
    母との関係を修復したい麻友は、じっくり話をするべく母を温泉旅行に誘う。母は、麻友に謝りたい、謝る時間がほしいと考えていたため、誘いを快諾する。  同行した克樹は、麻友と母が話を切り出すタイミングをうかがってもじもじするさまを眺める。付き合いたてのカップルか。  麻友の心に残っていた最後のひっかかりが解決し、麻友と克樹が心底のびのびいちゃいちゃできる、大人気ラブコメ11巻!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

クーデレすぎる未来の嫁の面倒な7日間 に関連する特集・キャンペーン