緑川正樹はキャリアウーマンの母と2人で友達のように仲良く暮らす平凡な大学生。しかし、彼の生活はある日を境に一変する! 母のうなじにキスマークのようなものを見つけてしまったその日から……母の背後に「男の影」を意識し始めた正樹の狂おしく悩ましい日々。艶かしく交差する母と息子の背徳の物語の終着点はどこに……!?

ジャンル
出版社
双葉社
掲載誌・レーベル
メンズヤング
ページ数
180ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50
  • たとえば母が 1
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    緑川正樹はキャリアウーマンの母と2人で友達のように仲良く暮らす平凡な大学生。しかし、彼の生活はある日を境に一変する! 母のうなじにキスマークのようなものを見つけてしまったその日から……母の背後に...
  • たとえば母が 2
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    緑川家はキャリアウーマンの母・美晴と大学生の息子・正樹の二人暮し。母子家庭ということ以外は仲のいい平凡な親子のはずだった。しかし、美晴は正樹の親友と恋に落ち、男女の仲になってしまう。一方で次...
  • たとえば母が 3
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    母を「女」として意識する息子・正樹。息子の親友・マコトと恋に落ちた母・美晴。美晴は家を出てマコトと暮らしはじめる。しかし、破綻した母子関係の先にさらなる肉欲の深淵が…。男と女が艶かしく交差する...
  • たとえば母が 4
    完結
    通常版 4巻 540円(税込)
    離れていく一方の母・美晴を黙ってみつめる事しかできずに焦りを募らせる息子・正樹。過去に搦め捕られた美晴は、マコトとの関係にも綻びを生じさせていた。母子の堕ちた肉欲の淵は果てしなく深く、行き着...
  • たとえば母が 5
    完結
    通常版 5巻 540円(税込)
    肉欲に溺れる母・美晴と、それに抗う術を持たない息子・正樹。美晴の上司・榊の罠に母子はからめとられ、後戻りをしようもないほど深い淵へ堕ちていく…。艶めかしい背徳感が多くの支持を集め、ますます過激...
  • たとえば母が 6
    完結
    通常版 6巻 540円(税込)
    肉欲に溺れる母・美晴を榊の手から取り戻すため策をめぐらす息子・正樹。しかし事態は、正樹の思惑とは別方向へ、否応もなく動き始めてしまう! 艶めかしい背徳感が多くの支持を集めた本作もついに完結。...

たとえば母が 6

Posted by ブクログ 2011年03月12日

全六巻、終着。見事な大団円。「母と女」から始まったのが「性欲と愛情」に変わっていった物語。最後も、唐突ではなくきちんとした展開で決着がついているが、まさか榊にまで決着がつくとは思っていなかった。

このレビューは参考になりましたか?

たとえば母が 2

Posted by ブクログ 2011年03月12日

母の視点、友人の視点からそれぞれの視点から。なんかこう、ぞくぞくする読み心地だ。人間関係が絡まってきている。山根、マコトなど、脇の人物たちがしっかりと描かれており、魅力的なだけに確執が苦しい。

このレビューは参考になりましたか?

たとえば母が 1

Posted by ブクログ 2011年03月12日

全六巻。離婚し、独身の母親に男の影が……というところから始まり、母と女の二面性を持つ母親と、その息子の葛藤を軸に物語が展開していく。背徳感に溢れる淫蕩な雰囲気と、じわじわ盛り上げる話運びがすごい。

このレビューは参考になりましたか?

たとえば母が 5

Posted by ブクログ 2011年03月12日

最終巻に向けての、大きな谷間。最初期から理性的な役回りで活躍し続けてきただけに、山根さんの退場は残念。この漫画、脇役にも「幸せになって欲しい」と思わされることが多い。巻末おまけ漫画は……なんか新鮮だ。

このレビューは参考になりましたか?

たとえば母が 4

Posted by ブクログ 2011年03月12日

なんかもう、ものすごい展開だ。初期とはマサキとマコトの力関係が逆転しているというか、その辺りの確執が、恐い。エロの濃さはかなりものだが、それよりも榊の悪役ぶりに話を追う方に頭が行ってしまう。

このレビューは参考になりましたか?

たとえば母が 3

Posted by ブクログ 2011年03月12日

お母さんの過去の男の登場により、それでなくてもどろどろな人間関係がさらに混乱してくる。お母さん、なかなかだらしがない。ある意味エロ漫画の主人公らしいといえばらしいが。しかしマコト、立場ないなあ。

このレビューは参考になりましたか?