午後6時の経済学
作者名 :

1巻配信中

価格 1,058円 (税込)

衰退に向かっているかに見える日本経済。アメリカに次ぐ世界2位の経済大国であり続けた日本の転落は必然だったのか。日本経済の生き証人ともいえるエコノミストが、戦後の歩みとその背景を踏まえ、未来を照らし出す「光」を明らかにする。 第二次世界大戦後の混乱期から、高度経済成長、オイルショック、バブル経済&崩壊、リーマンショックなどを経て、現代に至る歴史を学ばずして、明るい未来はない!

ジャンル
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新聞出版
電子版発売日
2013年08月16日
コンテンツ形式
XMDF
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

午後6時の経済学

Posted by ブクログ 2010年10月11日

戦後からの日本経済をとても簡単にまとめていてわかりやすい。
しかし、大分おおざっぱである。(そこもさくっと読めて良いのだけれども)

印象に残ったもの
・戦後はアメリカに追いつけ・追い越せで皆頑張った。しかし、今は皆目的がバラバラ
・日本人にとっての社会=会社である。もういちどコミュニティの形成を

このレビューは参考になりましたか?