昭和18年、戦時下の信州は長野が舞台。家庭の事情で16歳で一度もあったことがない一臣のところに、東京から嫁がされた美津子だったが、一臣に温かく迎え入れられ、やがて初めて人を愛することに。愛の溢れる結婚生活をスタートさせるが、戦況が悪化。そして、教師の一臣の下にもついに赤紙が届いた…。平成10~12年に週刊マーガレットで人気連載された、当時としては異色の太平洋戦争を舞台にした松尾しよりの初期の代表作の復刊文庫第1弾!

ジャンル
出版社
双葉社
ページ数
268ページ
電子版発売日
2013年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
対応端末
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • 空と海のあいだ 上
    完結
    通常版 1巻 540円(税込)
    昭和18年、戦時下の信州は長野が舞台。家庭の事情で16歳で一度もあったことがない一臣のところに、東京から嫁がされた美津子だったが、一臣に温かく迎え入れられ、やがて初めて人を愛することに。愛の溢れ...
  • 空と海のあいだ 中
    完結
    通常版 2巻 540円(税込)
    出征前夜に身も心も結ばれた一臣と美津子は、信州と九州で離ればなれのつらい生活を送っていた。そこに一臣を嫉妬する双子の兄・一人が現れる。美津子の危機を知った一臣は信州に、美津子は九州に向かって...
  • 空と海のあいだ 下
    完結
    通常版 3巻 540円(税込)
    鎌倉に住む推理作家、一色正和はスゴ腕の名探偵でもある。愛妻亜紀子とともに、鎌倉内外の魔物、亡霊、神様、仏様、宇宙人ともお付き合い。知人、友人には警察関係者から不思議な動物まで幅広い。豊富なキ...

空と海のあいだ 下

Posted by ブクログ 2009年10月14日

美津子さんを必死に守る為だったのに、

太平洋戦争の敵地の爆弾に当ってしまい、還らぬ一臣さん・・・。

心に打たれてしまいました。。。(号泣)

生きる為に必死が為にお国の為に闘う姿には感動。。。

又、美津子さんの孫迄ラストには登場し、

奥の深い作品でした。。。

寄って御評価は満点でしたが、秋...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?