シナリオにはなかった売れない脚本家の「恋人殺し」

シナリオにはなかった売れない脚本家の「恋人殺し」

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

  • 無料サンプル
  • ブラウザ試し読み

  • アプリ試し読み

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

吉岡徹夫はアルバイトをしながらプロの脚本家を目指していた。賞を取るまであと一歩に迫ったが、歳若い恋人が口にしたのは最も聞きたくない台詞だった……シリーズ「黒い報告書」。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
週刊新潮
電子版発売日
2011年08月26日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

シナリオにはなかった売れない脚本家の「恋人殺し」 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています