学園の絶対女帝に催眠をかけたらペットになった

学園の絶対女帝に催眠をかけたらペットになった

作者名 :
通常価格 891円 (810円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

平凡な学生の蒼汰は、絶対女帝とあだ名される完璧美少女で幼馴染の姫華と、夜の公園を歩いていた。
ごく自然な流れで蒼汰が命じれば、姫華が恥じらいつつもコートをはだけ、美しく妖艶な裸身をさらけ出す。
学園に君臨する女帝の姫華が、みずから蒼汰をご主人様と呼び、どんな恥ずかしい命令でも従ってしまうのだ。
きっかけは数週間前、蒼汰と姫華の幼馴染でトラブルメーカーの珠子が入手した催眠術の本だった。
そのとおりに催眠をかけたところ成功したようで、姫華は従順で妖艶な猫のような仕草を見せてくる。
その瞬間、蒼汰の中に言い知れぬ感情が湧き上がり…。

カテゴリ
アダルト
ジャンル
官能小説
出版社
パラダイム
掲載誌・レーベル
オトナ文庫
ページ数
256ページ
電子版発売日
2022年06月29日
紙の本の発売
2022年06月
サイズ(目安)
6MB

学園の絶対女帝に催眠をかけたらペットになった のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

オトナ文庫 の最新刊

無料で読める 官能小説

官能小説 ランキング