魔性の肌

魔性の肌

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

もし、このまま子宮をふるわせれば、どうなるだろう。そのまま尼僧は、忘我の境から悦楽の世界に浮遊できるのではあるまいか。ふとそんなことを考え、光彦は、そのテクニックを施してみることにした。わざと、花芯や花弁には触れず、ちょうど恥毛の切れる上から恥毛にかかる部分を一本二本、三本の指で、自然のバイブレーションをつけて、押し、なで、さすり、刺激と変化をつけた。「ああッ、ああッ……」だんだんと尼僧の白い肌が紅潮し、唇が半ば開き、しきりにサンゴ色の唇を噛み、しかも双脚をつっぱりつつ開いていく。腕が自然に回転し、時おり、グッとつきあがる。

ジャンル
出版社
おとなの本屋・さん
電子版発売日
2011年03月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

魔性の肌 のユーザーレビュー

レビューがありません。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています