背徳の人妻・里代子1 淫戯の虜編

背徳の人妻・里代子1 淫戯の虜編

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「ママはこうやると喜ぶんだ。これが、大好きなんだ、それから、ここも……」と彼は、蜜でまみれさせた指で、アヌスを撫でた。「ひゃあっ!」里代子はピンクと腰をはねさせた。鉄人はかまわず、それを繰り返す。「ふふふ、感じるだろう、ここだよ、ホラ、ホラ」「や、やめて……あン……あン」指の腹で撫でられるたびに里代子は腰をピクン、ピクンとはねさせた。「そんなにいいのか、こんな汚いとこ、いじられて、そんなに暴れてると、突き刺しちゃうぞ」

ジャンル
出版社
おとなの本屋・さん
電子版発売日
2011年03月11日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

背徳の人妻・里代子1 淫戯の虜編 のユーザーレビュー

レビューがありません。

背徳の人妻・里代子 のシリーズ作品 1~3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • 背徳の人妻・里代子1 淫戯の虜編
    「ママはこうやると喜ぶんだ。これが、大好きなんだ、それから、ここも……」と彼は、蜜でまみれさせた指で、アヌスを撫でた。「ひゃあっ!」里代子はピンクと腰をはねさせた。鉄人はかまわず、それを繰り返す。「ふふふ、感じるだろう、ここだよ、ホラ、ホラ」「や、やめて……あン……あン」指の腹で撫でられるたびに里代子は腰をピクン、ピクンとはねさせた。「そんなにいいのか、こんな汚いとこ、いじられて...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 背徳の人妻・里代子2 蜜戯の夜編
    クネクネと身をふるわせバイブに、里代子は感じ始めていた。「どうだい、気持ちいいんだろう、こんな物を入れやがって」昂奮した声で、トオルは言い、里代子の両足首をさらに高く持ち上げた。「な、何する気……」「奥さんのこっちを頂くぜ」「やっ……」短く悲鳴を発して固く目を閉じた。一度果てても猛り立ったままのトオルの怒張がアヌスに押しつけられたのだ。「や、やめて、……そこはいや」「バイブと俺の...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 背徳の人妻・里代子3 悦戯の雫編
    青年の手が、里代子のパンストの上から太腿を撫でていた。そのムッチリした感触を、楽しんでいるような撫で方である。電車が駅に停り、傍の客が降りようと周囲の身体を押しのけるようにした。すると青年は、それに便乗した感じで里代子の太腿に置いていた手を上のほうへ移した。腿の奥の秘部に触れられたのである。里代子は下腹部がジンと疼き出すのを感じた。パンストとパンティの上からでも、彼の手は適...
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています