棘(とげ)

棘(とげ)

作者名 :
通常価格 600円 (546円+税)
紙の本 [参考] 607円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

自動車事故の巻き添えで、恋人を失った中井英郎。一周忌を終えても喪失感は癒えない。彼女の母親も同じ想いから、中井との付き合いを大切に続けていた。ある雪の日、恋人との甘美な想い出が刻み込まれたベッドで眠りにつこうとしているときに事は起こった。「明りを消して、英郎さん…」。疚しさに眼をつむり、亡き恋人の母との一瞬の交情を描いた「雪の夜」ほか、死とエロティシズムが交錯する濃密な8篇の寓話。官能小説の第一人者が描く、静謐のなかのエロス。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
255ページ
電子版発売日
2011年03月11日
紙の本の発売
2008年10月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

棘(とげ) のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2015年05月25日

     8作品、短編集はどのお話も死とエロスがテーマになっている。日常に潜むエロスに興味が尽きない。勝目梓、お気に入りの作家になる。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています