霧神島 第三篇
  • 完結

霧神島 第三篇

作者名 :
通常価格 330円 (300円+税)
獲得ポイント

1pt

-
    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

※本作は雪野みなとの個人誌作品の電子書籍版です。【フルカラー23ページ】

始まりは数百年前。

島民が寄り付かない、険しい山の奥深くにある洞窟。

そこに潜む一匹の蟲を、身の清めのために
入山していた島の宮司が発見した。

宮司は家に代々伝わる文献の「神仏の位に近づく」という
秘薬の材料として使われた蟲と酷似している事に気付いた。

興味をそそられた宮司は無視の生態や薬の製法が
記されたその文献をもとに秘薬を作る研究に没頭した……

これは霧神島における儀式の始まりの物語。

カテゴリ
アダルト
ジャンル
アダルトマンガ
出版社
ブリック出版
掲載誌・レーベル
BLIC-ERO
ページ数
23ページ
電子版発売日
2022年03月04日
サイズ(目安)
35MB

霧神島 第三篇 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

霧神島 のシリーズ作品 全4巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~4件目 / 4件
  • 霧神島(1)
    完結
    330円(税込)
    ※本作は雪野みなとの個人誌作品の電子書籍版です。【フルカラー23ページ】 その島には古くから続く因習があった。 その昔、島に謎の瘴気が発生し、 島民は病に冒され多数の死者が出たという。 島の宮司は島民に忘れられた 山に住まう霧の神の怒りだと言った。 島民が宮司に従い、島の娘を一人選び 神の生贄に捧げると瘴気はぴたりと止んだ。 島民は宮司に感謝し、言いつけ通り 五年に一度生贄を捧げる儀式を続けた。 また、神を畏れ敬いその存在を忘れないため その島は「霧神島」と名付けられた。 現在も「神納の儀」と呼ばれる生贄の儀式は 島民にとっては当然のこととして執り行われている。 しかしその儀式は神聖なものとされ、 殆どの島民は儀式の内容を知らされていない―――
  • 霧神島 第二篇
    完結
    330円(税込)
    ※本作は雪野みなとの個人誌作品の電子書籍版です。【フルカラー23ページ】 家族旅行で霧神島に訪れた少女。 旅行を楽しむ少女は飼い犬のチェリーと一緒に 島中を探検することに。 そんな中、少女はチェリーとはぐれてしまう。 チェリーを探すため立ち入り禁止の区域の中まで 入ってしまった少女は妙な小屋を見つけ……
  • 霧神島 第三篇
    完結
    330円(税込)
    ※本作は雪野みなとの個人誌作品の電子書籍版です。【フルカラー23ページ】 始まりは数百年前。 島民が寄り付かない、険しい山の奥深くにある洞窟。 そこに潜む一匹の蟲を、身の清めのために 入山していた島の宮司が発見した。 宮司は家に代々伝わる文献の「神仏の位に近づく」という 秘薬の材料として使われた蟲と酷似している事に気付いた。 興味をそそられた宮司は無視の生態や薬の製法が 記されたその文献をもとに秘薬を作る研究に没頭した…… これは霧神島における儀式の始まりの物語。
  • 霧神島 第四篇
    完結
    330円(税込)
    ※本作は雪野みなとの個人誌作品の電子書籍版です。【フルカラー24ページ】 少年には好きな人がいた。 明るく元気でクラスの人気者。 二人は話すうちにお互い心惹かれるようになった。 しかし――― 少女は生贄に選ばれた。 少年は島の宮司の息子であり、将来神社を継ぐ者である。 代々続く島の風習は彼にも逆らえない守るべきことだった。 「寂しいことだけど仕方が無い」 そう思って諦めるしかなかった。 そして、生贄の儀式が執り行われて1ヶ月後……

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

BLIC-ERO の最新刊

無料で読める アダルトマンガ

アダルトマンガ ランキング