魔性の肉体 人妻たちの秘宴5

魔性の肉体 人妻たちの秘宴5

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

-
    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「半月以上もご主人とあれをしないで、奥さん、どうしてるの、うん?」「いやいや‥‥やめて」甘い抵抗の言葉を口走りながら、美登里は顔をのけぞらせた。「自分の指でいじるより、本当は奥さん、男のコレが‥‥欲しかったんだろう?」

ジャンル
出版社
河出書房新社
掲載誌・レーベル
河出i文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年01月31日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

魔性の肉体 人妻たちの秘宴5 のユーザーレビュー

レビューがありません。

人妻たちの秘宴≪分冊版≫ のシリーズ作品 1~7巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~7件目 / 7件
  • 乗って、乗られて 人妻たちの秘宴1
    「ううっ…んーっ」男のモノを夢中でイタズラしていた寿々佳は、我に返ったように指先の動きを止めた。「ったく、おとなしくしていようと思ったのに、そっちから誘ってくるなんて」男は低い声で言った。手首をつかまれ、男の唇が寿々佳の唇をふさいだ。ネットリとした舌同士が、軟体動物のように妖しく絡み合う。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 雨上がりの鳥 人妻たちの秘宴2
    「抱いて。奥さんの代わりでいいから」――首筋に唇を這わされ、真由子は身を捩る。「綺麗だ。とっても。」「ああん、あっ、あっ、気持ちいい」全身が性感帯になってしまったかと思うほど、真由子は強く感じていた。「感じやすいんだね、可愛いよ。ああ、手に吸いつくようなモチ肌だ。」「真由子さんのここ、桜の花びらみたいだ」
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 連翹の宿 人妻たちの秘宴3
    「こんなふうになるなんて、考えてもみなかったわ」「正直に言えば、僕は考えていたよ」「そうなの?」「それはそうだよ。その気がなかったら、あんなふうに誘わない」彼が動きはじめると、ひとりでに声が洩れた。郁美は膝を大きく曲げ、自分からも腰を突き上げた。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 百円ショップの女 人妻たちの秘宴4
    「やっぱり井上さんはエロい身体してる。思った通りだ。セックス、好きでしょう?」熱い舌があずさの口中をまさぐる。熱に浮かされ、やがてあずさも舌を絡ませ始めた。身体の芯がとろけて来て、次第に考える力が無くなってゆくことに、あずさは心地よさを感じ始めていた。
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 魔性の肉体 人妻たちの秘宴5
    「半月以上もご主人とあれをしないで、奥さん、どうしてるの、うん?」「いやいや‥‥やめて」甘い抵抗の言葉を口走りながら、美登里は顔をのけぞらせた。「自分の指でいじるより、本当は奥さん、男のコレが‥‥欲しかったんだろう?」
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 人妻合コン 人妻たちの秘宴6
    「敏感すぎるんだね」「っていうか、乳首を吸ってもらうの、久しぶりなの」「人妻なのに?」「人妻だからよ‥‥。男が妻を夢中で抱くのは、新婚のわずかな時だけ。‥‥ねえ、そっと噛んでみて」言われるままに乳首に歯をあてて噛んだ。「あっ‥いっちゃいそう」
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

  • 転落の人妻 人妻たちの秘宴7
    「なにしてるのよ優衣」沙羅の声に、優衣はいぶかし気に振り向く。「本番はこれからじゃない、ねえ鹿島さん」「さ、沙羅‥‥お願い、もう許して。これだけしたのに‥」「馬鹿言ってんじゃないわよ。おしゃぶりだけで大金をもらおうなんて思ってんの?」「だって‥」「奥さん、そりゃ甘いよ。とことん奉仕してもらわなくちゃ、さ、ベッドに行って」
    カートに入れる

    ブラウザ試し読み

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています