「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(2)
  • 完結

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(2)

作者名 :
通常価格 110円 (100円+税)
獲得ポイント

0pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。

カテゴリ
アダルト
ジャンル
アダルトマンガ
出版社
ブリック出版
掲載誌・レーベル
BLIC-ERO
ページ数
38ページ
電子版発売日
2022年01月21日
サイズ(目安)
18MB

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(2) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

レビューがありません。

「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。 のシリーズ作品 全5巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~5件目 / 5件
  • 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(1)
    完結
    「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。
  • 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(2)
    完結
    「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。
  • 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(3)
    完結
    「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。
  • 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(4)
    完結
    「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。
  • 「このオンナ、お前にやるよ」ヤリ捨てられた彼女のことが、僕はずっと好きだった。(5)
    完結
    「一緒に…観る?」映画館の前で待ち合わせをドタキャンされた僕。突然声をかけてきたのは…学生時代に憧れだった女のコ。「…今日、家行ってもいい?」僕は夢心地だった。まさか憧れの女のコと…。僕は彼女を抱いて、必死に腰を振った。そして暴発してしまった。僕は彼女を満足させることができなかった。――終わった。千載一遇のチャンスをドブに捨て、失意のどん底にいた僕。だったが…「どう?気持ちイイ?」何故かまた彼女は僕の勃起ペ〇スを優しく包み込む。「私ももうガマンできないのぉ」公衆トイレでエロ汁でぐっしょり濡れた穴を開いて僕に跨ってくる。ずっと憧れだった女のコは、僕の想像と真逆の、淫らで下品な女のコだった。…でも。僕は昔よりずっと、彼女のことを好きになっていた。そして、そんな僕に残酷な仕打ちが待ち受けていた…。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

BLIC-ERO の最新刊

無料で読める アダルトマンガ

アダルトマンガ ランキング