このエントリーをはてなブックマークに追加

2月13日

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」をご紹介♪今週は『シグルイ』『誰も書かなかった 武豊 決断』の2作品です。

  • 狂気の真剣勝負ここにあり!

    • シグルイ 1

      シグルイ 1

      山口貴由 / 南條範夫
      秋田書店
      全15巻
      565円(税込)

      ストイック度

      「シグルイ」とは、武士道を体現した「葉隠」に記された一節“武士道は死狂ひなり。一人の殺害を数十人して仕かぬるもの”に由来している。
      同作品を単なる時代劇マンガと思って読んだら、思わぬショックを受けてしまうほど衝撃的でエキセントリックな作品。「虎眼流」という流派を中心に、二人の主人公「藤木源之助」と「伊良子清玄」の戦いと生きざまを描いている。

      登場人物は皆、個性的で剣の道を一心不に追求する姿は非常にストイック。ページをめくるたびに何とも言えない狂気が漂い、セリフの独特な言い回しや画面構成は、板垣恵介の『バキ』を想起させる。そして、命をかけた真剣勝負のシーンは圧巻の迫力!

      今なら「秋田書店フェア」対象作品としてクーポンで20%OFFで同シリーズが楽しめる。このチャンスをお見逃しなく!!(2015年2月28日まで)(書店員・とらふぐ)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    おすすめ真剣勝負!

  • 出走できたことが最大の勝因です

    • 誰も書かなかった 武豊 決断

      誰も書かなかった 武豊 決断

      島田明宏
      徳間書店
      1巻
      1123円(税込)

      競馬会のレジェン度

      武豊はやはり凄い!
      父の邦彦氏が元名ジョッキーなのは誰もが知っている通り。しかし武の曽祖父とその兄が近代日本競馬の礎に大きく関わっていたとは・・・全く知りませんでした。
      ただサラブレッド同様、血統が良ければ活躍が約束されているわけではなく、努力・経験・強運を以て現在の地位を築くまでが本作に詰まっています。
      スーパークリークからキズナに至る愛馬遍歴と並行し、海外武者修行(きっかけはイナリワンでG1連勝したことに対するオーナーのご褒美だった!)のエピソードが多数。やっぱり90年代の競馬は良かったなぁって、私はまだ馬券買えない年齢でしたが。
      未だ謎として残る、蜜月だった社台軍団との別離に関してはもっと触れて欲しいところですが、これから関係修復の可能性もありますもんね。
      (書店員・ラーダニーバ)

      作品詳細へ