このエントリーをはてなブックマークに追加

5/30(金)

毎週更新!BookLive! 書店員の愛と独断と偏見による「五つ星作品」をご紹介♪今週は『きのこいぬ』『全一冊 小説 上杉鷹山』の2作品です。

  • 喪失の悲しみから少しずつ。

    • きのこいぬ(1)

      きのこいぬ(1)

      蒼星きまま
      徳間書店
      1~6巻
      540円(税込)

      ペットロスに染み渡る…度

      大事にしていたペットを亡くしてペットロス症候群だった私が癒された、忘れられない動物マンガ。

      愛犬をなくして無気力の日々を送る絵本作家のほたるは、ある日庭先から、謎の生き物を見つける。
      一見犬のようだが、よく見ると左の耳がキノコの形をしているので、「きのこいぬ」と名付けられる。
      犬ともキノコとも違う、きのこいぬの生態はかなり不思議。
      人の言葉がわかり感情表現は豊かでワガママ。好きな食べ物はメロンパンとたこ焼き(たこ無し)、趣味はお絵かきで飼い主?のほたるのことが大好き。
      そんなきのこいぬの魅力はなんといっても「ぽてっ」としたフォルム。
      抱き心地がとても良さそうで、ぜひ一度実物をもふもふしてみたいもの。

      そんなきのこいぬや、ちょっと変な仲間たちとの暮らしを通して、ほたるは悲しみを思い出に変えていく。喪失の底から、少しずつ明るい方へ向いていく物語。(書店員・えい子)

      作品詳細へ シリーズ一覧へ

    不思議な動物たち

  • 本気で上司にしたい江戸時代の偉人!!

    • 全一冊 小説 上杉鷹山

      全一冊 小説 上杉鷹山

      童門冬二
      集英社
      1巻
      864円(税込)

      仁徳溢れる名君度

      突然ですが皆様、尊敬する偉人はいますか?私はといえば真っ先に浮かぶのが上杉鷹山!かのジョン・F・ケネディ大統領も尊敬する日本人として挙げた凄い人です。
      江戸時代、面子と体裁を何よりも重んじる武士の振る舞いが財政破綻を引き起こした米沢藩。主人公 治憲(後の鷹山)は傾いた財政を立て直すべく、改革に乗り出します。民の幸せのため、その一念で自ら率先して節約したり新たな産業に投資したり企画したりと、時代小説としても楽しめますがビジネスの教訓として見ても非常に面白い!見習うべきは人を思いやり、反対する人々に対しても誠心誠意で向き合うその姿勢でしょう。汚い妨害工作に遭いながらも、その人柄に惚れた人々の助けで改革が進んでいく様子は、涙無しには語れません。
      優れたリーダーとは「この人のために働きたい」「この人は自分が支えてあげなければ」と思わせる仁徳を持つ人、という話を聞いたことがあります。それをここまで体現した人物もかなり珍しいのではないでしょうか。まさに老若男女を問わず、誰でも一度は読んで欲しい一冊!「為せば成る、為さねば成らぬ、何事も。成らぬは人の、為さぬなりけり」…そんな言葉を残した名君の改革を是非ご覧ください。(書店員・らいだー)

      作品詳細へ

    偉人達の足跡を一冊で描き尽くす! 全一冊シリーズ!