ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

東大よりも狭き門!? 東京藝術大学を目指す高校生たちの青春『ブルーピリオド』を、書店員が徹底考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブルーピリオド

今、漫画好きの間で、「面白い!」と評判を高めている『ブルーピリオド』。東京藝術大学をはじめ、美大入学を目指す高校生たちの青春ストーリーです。タイトルの『ブルーピリオド』とは、有名な画家パブロ・ピカソに由来する言葉。もともとは、ピカソが青春時代に描いた絵の画風を指し、そこから転じて不安を抱える青春時代を表す言葉になりました。その名の通り、瑞々しく、時に苦しい青春ストーリーが魅力の本作。作者の山口つばさ先生は東京藝大出身。自身の体験をもとに描かれる、リアルな「美大受験」漫画です!

当記事のリンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。漫画が気になった方はご利用ください。

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事にはネタバレを含みます。

『ブルーピリオド』あらすじ

『ブルーピリオド』  山口つばさ / 講談社

友人たちと朝まで遊んだりして、楽しい高校生活を過ごしている2年生の矢口矢虎。それでいて学校では成績優秀。何事もそつなくこなせるからこそ、生きる目標を定められなかった彼が、偶然見出したのが美術の世界でした。上級生が描いた1枚の絵をきっかけに絵を描くようになり、やがて、最難関の東京藝大油画科入学を目指して、本格的に勉強を始めていきます。
学校の美術部から、美大受験の予備校へと通い始めた彼が、個性溢れる受験生たちと出会い、触発されながらも前へ進んでいくストーリーです。

『ブルーピリオド』の登場人物

学内と予備校に分けて、『ブルーピリオド』の登場人物たちを紹介します。

■学内

矢口八虎(ヤグチ ヤトラ)

矢口八虎

本作の主人公。物語スタート時で高校2年生。よく遊びよく学ぶ、円滑な高校生活に手応えのなさを感じていたとき、美術の世界の魅力に触れ、美術部に入部。3年生に進級すると、志望校を東京藝大の一本に定め、美大専門の予備校に通い始めます。金髪の「不良」だけど、成績優秀で周りの空気を読む「優等生」という二面性は、後々の伏線になることに。腐れ縁の龍二とやり合うときだけは、いつもと違う一面を見せます。

鮎川龍二(アユカワ リュウジ)

鮎川龍二

美術部所属の2年生(物語スタート時)で、髪を伸ばしスカート姿で登校する女装男子。同級生たちからは、鮎川のまん中を取って「ユカちゃん」と呼ばれています。八虎とは何でも言い合える仲で、ケンカもしますが、時には彼に勇気を与えることも。八虎を美術部にいざなったのも彼でした。第一志望校は、東京藝大の日本画科。八虎とともに美大専門の予備校に通い始めます。

佐伯先生

佐伯先生

美術部顧問。穏やかな物腰の初老の女性教師ですが、にっこり笑って物事の核心を突く、油断できないタイプ。悩める八虎を導く大人のひとりです。

森先輩

森先輩

八虎の一つ上の先輩。小柄でかわいいタイプ。美術部で一番上手い人で、武蔵野美術大学の推薦枠に見事合格。美学生になってからも、八虎の憧れであり続けます。

歌島・純田・恋ちゃん

八虎の遊び友達。藝大受験に取り組む八虎のことを、自分たちとは違う世界に行ってしまったと突き放すことなく、快く応援してくれるいいヤツらです。メガネが歌島、右の小さくてゴツいのが純田、背が高いオールバックが恋ちゃん。恋ちゃんは八虎に触発されて、自分の進路を決めていくことに。

■予備校

高橋世田介(タカハシ ヨタスケ)

高橋世田介

八虎が美大専門の予備校・東京美術学院(東美)の冬期講習で出会った、同い年の少年。他人を拒絶するタイプで、八虎も出会い頭にその洗礼を浴びることに。絵はほとんど初心者なのに、石膏像のデッサンを完璧に描く、いわゆる「天才肌」です。3年生になると、八虎と東美の油絵科・夜間部で一緒になることに。しかし、世田介は次第に予備校に不満を抱えていくことになります。

橋田 悠(ハシダ ハルカ)

橋田 悠

世田介と同じ高校に通う、大阪弁の少年。東美の油絵科・夜間部で八虎と出会います。人の作品を鑑賞するのが好きで、東京藝大受験も、たくさんの受験生の絵に出会えるのが楽しみだとのこと。笑顔を絶やさないおおらかな性格で、絵でも独特の感性を発揮します。

桑名マキ(クワナ マキ)

桑名マキ

冬期講習から八虎と一緒になった少女。家族全員が東京藝大出身というサラブレッドで、絵の才能は八虎のクラスではピカイチです。しかし、現役藝大生(しかも首席合格)である姉を意識し過ぎる一面が。明るく人なつこい少女ですが、時々、闇をかかえた発言があり、ドキッとさせられます。

大葉(オオバ)

大葉

東美の講師。大柄な女性でおおらかな性格。八虎には、最初の個人面談で、このままでは藝大合格はキツイと言い放ちますが、その後の彼の成長に目を見張ることに。彼女の的確な指導は、八虎だけでなく、私たち読者にとっても目からウロコです。

美大の受験勉強って何をするの?

そもそも美大って、どういうところなんだろう?

美大受験について何も知らなくても大丈夫。『ブルーピリオド』は優しく読者を導いてくれます。まずは、絵に興味をいだいた八虎が、美術部の手伝いをしながら雑談するシーン。美大とはどんなところか、ユカちゃんや森先輩のレクチャーが始まります。

レクチャー

森先輩が見せてくれた美大の合格作品は、学科によって多種多様。試験内容もかなりの違いがあるとのこと。
東京藝大だけでなく、『ブルーピリオド』に登場する美大は、全て実名。そこもリアルです。

東京の美大

東京藝大は日本一の受験倍率!?

八虎や森先輩の雑談に佐伯先生も参加。東京藝大についてのレクチャーが始まります。
油画科については、現役高校生が受かる倍率は、なんと60倍! 「二浪四浪は当たり前の世界」を佐伯先生は言います。

東京藝大の合格率

その上で、にっこり笑って八虎の背中を押す佐伯先生。

出ました、学費問題! 私立美大は年間約160万円。しかし藝大は約50万円ということで、八虎は両親の経済状態も考えて、最難関の藝大一本に絞ることに。

美大の学費

美大専門の予備校へ行こう!

美術部で一番上手い森先輩が、予備校の講評では下から5番目だったことに愕然とする八虎。その時、彼は美大専門の予備校の存在を初めて意識します。そんな時、佐伯先生に勧められたのが、東京美術学院(東美)の冬期講習。3年に進級するとやっと親の承諾も得られて、本格的に東美の油絵科夜間部に通い始めます。

東京藝大の入試とは?

ざっくりとこんな感じ。八虎は成績優秀なので、センター試験は問題なし。まずは1次のデッサンに全力を注ぎます。

東京藝大の入試

東京藝大の入試試験は、奇想天外な課題ばかり。年によってかなり違うので、自分に合う課題に巡り会えるかどうかは、「はっきり言って運や」と橋田は言います。
4巻に入ると、いよいよ受験本番に。受験生たちの姿が緊張感を持って描かれていきます。

『ブルーピリオド』の見どころ

八虎の本気がかっこいい!

美術の世界にのめり込むことで、生きる目的を見つけられた八虎。絵に向かうときの彼は、どんなシーンもかっこいいのです。

絵との出会い

八虎が、絵の魅力に最初に引きこまれたシーン。F100号(人物画の100号。162.1センチ×130.3センチ)という大きなキャンパスに描かれた緑色の肌を持つ女性たちに、八虎は思わず息を飲みます。この絵の作者が森先輩でした。
森先輩の100号の絵を見た直後、八虎は佐伯先生から声をかけられます。そのときの、美術は文字じゃない言語、という言葉が、彼の心にずっと残り続けるのでした。

最初の作品

美術の授業の課題「私の好きな風景」に真剣に取りかかる八虎。朝まで遊んだ渋谷の、誰もいない青い街並みを、彼は自分なりのやり方で描いていきます。そのときの心象風景は、こんなふうにステキに表現されます。

「渋谷の青い風景」を友人たちに理解してもらえたとき、「ちゃんと人と会話できた気がした」と、八虎は涙をこぼします。彼の人生が、美術によって色づいていきます。

説得の1枚

東京藝大受験を母親に納得してもらうために、八虎は母をスケッチします。そして、描くために母を見つめたことで、日々の家事にこめられた家族への思いに改めて気づくのでした。絵を描くからこそ、わかるものがある。八虎の素直な言葉が母の心に刺さります。

夏期講習スタート。初めてのコンクール

浪人生と一緒になる夏期講習は、現役生のみの夜間部とは全く違う雰囲気。そこで八虎は初めての予備校内コンクールに挑戦します。ここで彼は、絵の具だけでなく、あらゆるものを画材として使う浪人生たちの姿を見て、開眼することに。

俺の絵で全員殺す

数ある八虎の名シーンの中でも断トツにかっこいいのが、ここ! 世田介に「美術じゃなくてもよかったクセに…!」と言われて、悔しい思いが爆発。絵に全てを賭けるのは死ぬほどこわい。しかし、今の自分にはそれしかない。

俺にとっての縁は、金属みたいな形

文章で与えられた課題を絵にする「イメージ課題」で、思うような絵が描けず苦悩する八虎。そんなとき、佐伯先生から美術部で「F100号を描いてみましょう」と提案されます。東美の課題でうまく表現できなかった「縁」をテーマに、F100号という大判に取り組む八虎。「縁」は自分にとって、どう見えるのだろう? 彼は新たな何かを掴んでいきます。

そして完成したのが、この絵!

八虎に足りていないもの

絵を初めてから2年足らずでどんどん伸びてきた八虎。しかし、彼にはどうしても越えられない大きな壁がありました。それが大葉先生の言う「自分勝手力」のなさ。つまり、ずっと空気を読んで生きてきた八虎は、今までの人生そのものを、問われることになるのです。彼はこの難題を、どうやって絵で乗り越えていくのでしょうか?

そして藝大一次試験!!

いよいよ藝大の一次試験。その試験会場で八虎は、とあるトラブルに巻き込まれることに。しかし、それが彼にあるアイディアをもたらします。あとは時間と戦い。がんばれ!

いざというときに発揮する八虎の無心の力。めちゃ、かっこいい!

美大を目指す高校生たち、それぞれのドラマが深い!

世田介×八虎

八虎と世田介は、特に複雑な関係性を築いていき、本作の見どころのひとつです。まずは出会い。世田介に気軽に声をかけた八虎は、こんな返答を受けます(笑)。

東美の冬期講習で、世田介の天才ぶりを意識するようになった八虎。3年になって、二人は東美の夜間部で再会。しかし、世田介は相変わらず、八虎にキツい。

なぜなら、世田介にとって八虎は「なんでも持っている人」に見えるからです。
同時に、世田介は東美の指導にもイライラを募らせることに。
八虎にとっての世田介は自分とは違う「天才」。世田介にとっての八虎は自分とは違う、社会に順応して生きていける人(それは東美においても)。意識し合う二人は、とっても複雑なライバル関係にあるのかも。
世田介に「見てるとイライラするよ」と言われて、喜んじゃう八虎。ギスギスするばかりではない、なんだかいい関係の二人なのです。

ユカちゃん(龍二)の苦しみ

明るくてかわいくて、男女どちらにも人気のユカちゃん。しかし、女性の格好をしつつ、一人称は「俺」というあたりに、彼のアンビバレントな苦しみが潜んでいることが分かってきます。2巻のこのシーンは彼のドラマの始まり。

女装、そして美術は、ユカちゃんの心を守る鎧ということなのでしょうか。

4巻でとある決断をしたユカちゃん。後になってそれを知った八虎は、彼の身の振り方を心配しますが、八虎をよく知るユカちゃんはそれを突き放すのでした。

傷つく八虎に、橋田の的確すぎるアドバイスが。

藝大受験の真っ最中、八虎はユカちゃんと二人、夜の海を見に電車に乗り込みます。二人がたどり着いた場所で、ユカちゃんは八虎に、隠していた自分の気持ちを吐き出すのでした。ずっと苦しみの中にいたユカちゃんが、再び歩き始める感動的なシークエンスです。

すごい姉を意識するマキ

藝大主席合格の姉をもつ桑名マキ。しかも、実家に同居ということで、意識せずにはいられない存在。姉を、藝大受験において最大のプレッシャーと感じてしまっても、仕方ないことです。
マキは基本的に笑顔で、愛想のいい女の子です。それは感情を押し殺しているということでもあり、心の中は嵐が吹き荒れているのでしょう。八虎との何気ない会話で、こんな発言が飛び出し、ドキリとさせられます。

優劣を比較されてしまう、近しい存在をもった人の悲劇。それがマキです。

こういうときの八虎は、正直、すごくかっこいいと思います。モテそう。

画法、練習法についても、詳しく解説

絵を描くには感性だけでなく、勉強が大切です。『ブルーピリオド』はさまざまな画法やスキルアップの練習法を解説してくれて、それも面白いのです。八虎の技術が上がっていくにつれて、彼に課される課題も高度なものになっていきます。

遠近法のいろいろ

二次元の絵に奥行きを持たせる遠近法。こんなにたくさんの手法があるんですね。

遠近法

デッサンとは?

デッサンとは「形 空間 質感を把握して観察力と技術力をあげる修練法のこと」と佐伯先生。その上で、こんなアドバイスを与えてくれます。

油画の画材とは?

美術の世界に本格的に触れたことのない身にとっては、水彩画よりもずっとなじみの薄い油画。いったい、どんな画材を使って、どのように描いていくのか? 全くの素人から藝大の油画科を目指す八虎を見ているうちに、どんどん分かってきます。

すべての名画は構図がいい

大葉先生による教え。いい構図とは何か、それは5つの幾何学形態で分割できるといいます。ここから始まる大葉先生の構図の講義は、すごく面白いです。

色の奥深さ

ある難関を乗り越えた八虎は、「色」を突き詰めることに挑戦。大葉先生の「色」の講義が始まります。

色ってほんっと~に奥深い世界よ!

始まりは3色だけでも 関係性・配分量・形・構図・素材・光・絵肌 そのほかもろもろで無限に変化する

ところで『ブルーピリオド』に出てくる絵って、誰が描いてるの?

『ブルーピリオド』の登場人物たちは、とにかく絵を描きまくります。しかも、キャラクターによって感性もスキルもまちまち。彼らが描いた絵がコマの中に登場すると、必ずコマの脇に、誰かの名前が記されているのに気づくはず。たとえば、世田介が最初に描いた石膏画は、大塚千春さん。作者の山口先生以外の多くの描き手が、キャラクターの作品を担当。『ブルーピリオド』はたくさんの「絵描き」によって成り立っている作品なのです。

『ブルーピリオド』のこれから

現在5巻で、藝大受験真っ最中という『ブルーピリオド』。緊張感溢れる展開が続いていて、目が離せません。しかし、受験というのは一つの壁を乗り越えることでしかなく、八虎の絵描きとしての人生は、その先が本番となっていくのです。とあるインタビューで、「本当は美術界の漫画をやりたいんです」と語っていた山口先生。 美術の世界に生きる若者たちを描く『ブルーピリオド』、どこまで続いていくのか注目です!

終わりに

美大を舞台にした名作に、羽海野チカ先生の『ハチミツとクローバー』がありますが、あの作品の登場人物たちも、実はこういう受験をくぐり抜けてきたのかと思いつつ、『ブルーピリオド』を読みました。何か一つに打ち込む主人公の姿というのは、どんなジャンルでも見応えがありますが、それが絵となれば、自分も絵を描くタイプの漫画ファンにとっては、さらに身近に感じられるのではないでしょうか? 八虎たちの姿を通して、美術の面白さを、ぜひ体感してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

書店員オススメの大人恋愛漫画11選【恋に恋するオトナ女子必見】
ガチ恋から極道まで!今推せるアイドルマンガおすすめ11選
書店員おすすめはコレ!傑作デスゲーム漫画13選【注目作品から定番まで】
絶品料理に空腹が止まらない!グルメ漫画おすすめ18選
【女体化・入れ替わり・変身】「TS(性転換)漫画」8選
正統派からゆるふわ系まで!おすすめのバンド漫画10選