ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

『シャドーハウス』とは?不思議な設定で読者を魅了するほのぼの不穏ファンタジー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シャドーハウス

貴族のお屋敷で働くメイドたちの暮らしをかわいらしいタッチで描いたほのぼの日常もの……と思いきや、徐々に明かされていく不穏な設定が怖いと、オタク界隈をざわつかせている怪作。それが『シャドーハウス』です。
顔を持たないシャドー一族(お影様)と彼らに仕える「生き人形」は一体何者なのか、そして彼らを生み出したと言われる“偉大なるおじい様”の真意とは……。魅力的な謎に溢れた本作の世界へとご案内します!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事にはネタバレを含みます。

『シャドーハウス』のあらすじ

舞台は顔のない一族「シャドー」と彼らに仕える「生き人形」たちが暮らす不思議な洋館。

『シャドーハウス』のあらすじ

生き人形の少女・エミリコは主人であるケイトのために部屋を掃除したり、彼女の「顔」としてふさわしい人形になれるように勉強をしたりして日々を過ごしていました。
持ち前のおっちょこちょいを発揮しつつも、ケイトや仲間の生き人形たちとの交流を通じて成長していくエミリコですが、彼女たちが暮らす洋館「シャドーハウス」には何やら大きな秘密が隠されているようで……。
エミリコとケイトは立ちふさがる試練や妨害を突破し、シャドーハウスの謎に触れることができるのか――

『シャドーハウス』を試し読みする

『シャドーハウス』の登場人物紹介

■同期組
お披露目を一緒に受けた“同期”のシャドーと生き人形5対。

エミリコ(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:エミリコ(生き人形)

ケイトに仕える“生き人形”の少女で本作の主人公。“生き人形”として生まれたばかりで知らないことや失敗も多いものの、前向きで天真爛漫な性格がケイトからも仲間の生き人形たちからも愛されている。ケイトに文字を教わったり、同じ班の生き人形からシャドーハウスでのルールを学んだりしながら目下成長中。
上位の生き人形からは“お花畑”とバカにされることもあるが、とっさのひらめきや勇気、行動力に優れています。

パン

パンが大好きで、手作りの小鳥のぬいぐるみにも「パン」と名付けている。かわいい。

ケイト(シャドー)

シャドーハウスの登場人物:ケイト(シャドー)

エミリコの主でシャドー一族の少女、そして本作のもう1人の主人公。エミリコとは対照的に、思慮深く聡明な性格の持ち主ですが、それゆえに思い詰めすぎてしまうこともあり、エミリコの無邪気さには救われている。他のシャドー一族が、生き人形を自分に従属させることを当然とする中で、エミリコの個性を尊重している変わり者。
自室では読書をして過ごすことが多く、エミリコに時間の余裕があるときには文字の読み書きを教えることも。

シャドーハウスの登場人物:ケイト(シャドー)

“お披露目”前からすす能力に目覚めていて、自分の体から出たすすを自在に操ることができる。すすを使って物を動かすことも可能。

ルウ(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:ルウ(生き人形)

エミリコと同じローズマリー班に所属する生き人形。愛らしい顔の持ち主だが、無口で無表情でいることが多い。主であるルイーズの影響から、生き人形に自分の意志は必要でないと考えていて、何かを決断するのが苦手。生き人形としては模範的で優秀とされるが、同班のミア曰く「応用力がないのよルウは! うふふ」。

ルイーズ(シャドー)

シャドーハウスの登場人物:ルイーズ(シャドー)

ルウの主。ルウの顔と声をこよなく愛するナルシスト。しかし、彼女のパーソナリティーや、顔以外の部分が傷つくこと関しては無頓着で、「生き人形に性格は必要ない」と考えている。シャドー一族として模範的な思考の持ち主。
思ったことをすぐ口にする性格で、無邪気に相手を傷つけることが多々ある。

ラム(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:ラム(生き人形)

シャーリーに仕える、無口で内気な生き人形の少女。掃除中にすすを散らかしてしまったりものを壊したりすることが多く、同班の生き人形たちから“無能”と蔑まれている。人と会話するのが苦手で、“ラミー”と呼んでいる自分の左手の人差し指とだけ話すことができる。
主であるシャーリーとも会話を交わしたことがなく、「ラム」という名前はラミーによって付けられたもの。

シャーリー(シャドー)

シャドーハウスの登場人物:シャーリー(シャドー)

ラムの主。他のシャドーたちはおろか、自分の生き人形であるラムにも口を開くことはなく、何を考えているのか全くわからない。すすが出ることもほとんどないが、その理由は不明。生き人形のリッキーからは「不気味」と恐れられている。

ショーン(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:ショーン(生き人形)

ジョンの生き人形の少年。冷静だが頑固な性格で、歯に衣着せぬ物言いをする。自分より上位の生き人形にへつらうことの多い同班のリッキーとは対立しがち。正義感が強く、“星付き”に目をつけられたエミリコを庇うことも。
主であるジョンとは正反対の性格で、しばしば彼の奔放さに振り回されている。極度の近視だが、ジョンがメガネを掛けていないという理由で裸眼のまま過ごしている。

ジョン(シャドー)

シャドーハウスの登場人物:ジョン(シャドー)

ショーンの主。冷静で論理的なショーンとは反対で、考えるより先に体が動くタイプ。特に緊張すると気が大きくなるところがあり、お披露目中にケイトに婚約を申し出た。すす能力に目覚めていて、射程範囲は短いものの、木の箱を簡単に破壊するほどのパワーを持つ。
目が悪いショーンに合わせてメガネを掛けようとしてみせるなど、シャドーには珍しい気さくな性格をしている。

リッキー(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:リッキー(生き人形)

パトリックに仕える生き人形の少年で、計算高くて高慢な性格。“星付き”の生き人形・バービーに媚びを売ったり、優秀でない生き人形を見下したりするため、ショーンからは快く思われていない。
主であるパトリックに対する忠誠心は厚いが、彼より賢く強気なため、無意識にパトリックをリードしている。

パトリック(シャドー)

シャドーハウスの登場人物:パトリック(シャドー)

リッキーの主。貴族らしい振る舞いを好むスノッブな気性で、リッキーとは好相性。プライドが高く普段は他人を見下すような態度を取るが、リッキーを頼っている部分が大きく、お披露目で彼と離れ離れにされたときには取り乱して繊細な一面を見せた。
同期の中で唯一、お披露目後もすす能力に目覚めていない。

■その他の人物たち
「シャドーハウス」の秘密を握る(?)人物たち。

エドワード(生き人形)

シャドーハウスの登場人物:エドワード(生き人形)

ケイトやエミリコたちのお披露目で試験官を務める、位の高い生き人形。お披露目のためだけに広大な庭園を造り上げるなど、完璧主義で派手な演出を好むタイプである。
特別なシャドーと生き人形のための別棟「おじい様と共にある棟」の2階に暮らしているが、さらなる権力を持つことができる3階を目指す野心家。主であるシャドーと一体化している……?

偉大なるおじい様

全てのシャドーと生き人形を生んだ、シャドーにとっても生き人形にとっても絶対的な存在。生き人形は「シャドー家を統率するシャドーハウスの王 私たち生き人形の産みの親 偉大なる創造主様」と呼ぶように教えられているが、呼ぶと存在を穢すことになるので、気軽にその名を口に出すことは許されない。物語の鍵を握る人物でありながら、その存在は謎に包まれています。

「シャドーハウス」の基礎知識

エミリコたちの生活をベースに物語が展開するため、作品世界に関する基礎情報はゆっくりとしか開示されません。そして、そのもどかしさが読者をゆ〜っくりと沼に引きずり込むのです……!
現段階(3巻まで)までで分かっている基礎知識をまとめてご紹介します!

シャドーハウス

大勢のシャドーと生き人形が暮らす謎の洋館。館の中には数多くのルールがあり、生き人形はもちろんシャドーも許可なく外出することはできず、進入禁止区域には罠が仕掛けられている。館の中にはシャドーや生き人形たちが暮らす部屋の他、大広間や本や机がそろう「学びの間」、“顔のない人形”たちが働くキッチンやランドリーなどがある。

シャドーハウス

主に成人前のシャドーや星付きのシャドーとその生き人形たちが暮らす「こどもたちの棟」と、上位シャドーたちが暮らす「おじい様と共にある棟」の2棟の存在が、今のところ明らかになっています。

シャドー(お影様)

全身黒ずくめの貴族。顔が真っ黒で表情がわからないため、自分の顔の代わりをつとめる“生き人形”を従えている。体から黒いすすが出ていて、手で触れたところなどが汚れてしまうほか、怒りや不安といった負の感情を持つと大量のすすが発生します。

シャドー(お影様)

シャドーはどうやって生まれるのか、シャドーと人間の関わり(そもそもこの世界に人間が存在するのか)があるのかなど、謎は多数。

生き人形

「偉大なるおじい様」によって、人間を模して作られた精巧な人形。表情を持たないシャドーの代わりに「顔」の役目を果たすため、自分の主に付き従い、彼らの感情にシンクロしてふさわしい表情を作る。

生き人形

「生き人形はシャドー家に対して忠誠以外の心を持ってはいけない」「シャドー家のために働くことが幸せ」と教育されていて、主と一緒にいるときに勝手に喋ったり自分の感情を表したりすることは不適切であるとされている。
食事を摂らないとお腹が空いて動けなくなる、怪我をすれば傷口から血を流すなど、人形にしてはあまりに精巧過ぎるが……?

煤(すす)

シャドーから出たすすは室内を黒く汚し、放置しておくと「こびりつき」となって暴れるため、すすを掃除するのが生き人形たちの主な仕事となっています。
掃除で集めたすすは「すす炭」という燃料に加工され、外界との取引に使われているそう。
シャドー一族の中ではすす量が多いほうが優秀な人材とされる。

有能なシャドーや生き人形には星が与えられ、「こどもたちの棟」の管理など、他のシャドーの上に立つ権威を持つことになる。「星つき」になるには今の「星つき」からの推薦が必要なため、リッキーは星付きの生き人形バービーのご機嫌取りをしていた。

お披露目

シャドーと生き人形の適性と、シャドー家に有用な人材かどうかを判定される会。これが終わると、シャドーは「顔付き=成人」として認められる。
お披露目の間での判断のみで終わることもあるが、ケイトやエミリコたちのお披露目は大掛かりで、生き人形は顔を傷つけずに迷路の中から主を見つけ出し、シャドーは服を汚さず(動揺せず)生き人形が自分のもとにたどり着くのを待つという難題が課せられた。

シャドーとシャドーハウスに隠された秘密

シャドー一族もシャドーハウスも依然大きな謎に包まれたまま……。それらの謎を解き明かす鍵となりそうな4つのトピックスがこちらです!

① こびりつき

放置された未処理のすすが集まって、悪意を持って動き出したもの。
動くものに寄ってくる性質があり、取り憑かれた生き人形は「すす病」にかかってしまう。

こびりつき

すす病にかかった生き人形は錯乱状態に陥るが、洗浄の間で大量の水を飲まされることで回復します。
こびりつきへの対処法はとにかくぶっ叩くこと。こびりつきがさらに集まると「亡霊」と呼ばれるさらに危険な存在となる。シャドーの体から発生したすすから他者を害する存在が生まれるとは……。シャドー一族の存在の不穏さに拍車がかかります。

② すすには物を動かす力がある

シャドーが出す“すす”には、物を破壊したり動かしたり力といった物理的な力があります。その作用は各シャドーの“すす能力”によって異なるよう。

すす能力

また、ルイーズが無意識的にすすによってルウをコントロールしているなど、生き人形の精神に影響を及ぼすこともできるよう。もしかしたら、おじいさまが「生き人形」を動かしているのにも、同じ能力が使われている……!?

③ すすの出方は、シャドーによって特徴がある

ケイトはまっすぐ上がる、ジョンは火花のように飛び散る、ルイーズはゆるいカーブを描いて上がる……などシャドーによってすすの出方が異なる。

すすの出方

すすの出方の違いが“すす能力”の違いにつながるのかが気になるところ。

④ ローブを着たシャドー

ローブを着たシャドー

「亡霊」発生の原因調査を命じられたエミリコとショーンとラムの前に現れ、手助けをしてくれた謎のシャドー。通称「ローブ様」。こっそりと深夜に出歩いていたところ、エミリコたちと出くわした模様。他のシャドーと違い一人称が「私」であること(シャドーは通常、「ケイトは〜」というように自分の名前で自分を呼ぶ)、エミリコたちが生き人形らしからぬ行動を取ることを咎めない、亡霊を発生させるため画策していた様子が見受けられるなど、怪しい要素しかありません! その行動からは、シャドーでありながらシャドーハウスの破壊を目論んでいるかのような印象すら受けます。
本人はエミリコたちの敵ではないと言いますが、その正体は一体……。

“ほのぼの不穏”がクセになる「シャドーハウス」

最新刊・4巻では、シャドー一族と生き人形の恐るべき秘密の一端が解き明かされます。シャドーと生き人形の関係性に歪なものを感じていた方も、この事実にはきっと驚くはず……!
また、お披露目をクリアしたケイトとエミリコにも、あらたな試練が訪れます。シャドーハウスは間違っているというケイトの主張は、発覚すれば命さえ奪われかねない危険な思想です。ケイトとエミリコが今後どのように立ち回っていくのか、ドキドキハラハラのサスペンス要素も増して、さらに面白くなりそう。
ケイトとエミリコが喧嘩しながらも信頼関係を築いていく姿に尊みを感じたり、生き人形たちがキャッキャしている様子にほっこりしつつも、常にどこか不穏な気配を感じる「シャドーハウス」。
真綿で首を絞められるような上質な謎に惑わされたい方、幸せだったはずの日常が少しずつ狂っていく系の物語が好きな方、ぜひ手にとってみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

≪最新版≫風俗がテーマの漫画12選【エロだけではないリアルが分かる】
読めば熱くなる!今読んでほしいおすすめラグビー漫画8選!
美味しそうで飯テロ必至!「異世界×料理」漫画9選
美味しそうで飯テロ必至!「異世界×料理」漫画9選
百合好き書店員おすすめの社会人百合漫画19選【2020年最新版】
『怪物事変』とは?TVアニメ化でノリに乗る作品の魅力を解剖!
自動車漫画5選!スピードを求めるか、趣味に走るか?クルマの魅力が詰まったおすすめ作品!
自動車漫画5選!スピードを求めるか、趣味に走るか?クルマの魅力が詰まったおすすめ作品!