ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

【ネタバレ注意】『五等分の花嫁』名シーンプレイバック&花嫁レース大予想!【推しを愛でまくれ】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クール、ツンデレ、恥ずかしがり屋、天然、生真面目。属性の異なる美少女5人が主人公をめぐって恋の火花を巻き起こす『五等分の花嫁』は、男女問わず魅了する絵柄、ストーリーの面白さなど、さまざまな点で高いクオリティを誇ります。

BookLive!で購入する
『五等分の花嫁』 1~11巻 春場ねぎ / 講談社
『五等分の花嫁』を試し読みする

アニメ2期の制作も決定し、さらに勢いを増す花嫁レースの様子を、現状の最新刊である11巻までプレイバック。また、今までの内容から花嫁の可能性のあるキャラクターを分析します!

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事にはネタバレを含みます。

あらすじ

高校2年生の上杉風太郎は、「焼き肉定食 焼肉抜き」で食いつなぐほどの超がつくド貧乏。破格の給料で家庭教師のアルバイトを引き受けた彼の目の前に、同じ顔、同じ体型の5人の美少女転校生、一花、二乃、三玖、四葉、五月が現れます。一卵性の五つ子である彼女たちは、同じ見た目に反して一人一人が強い個性を持ったクセ者で、全員が勉強嫌いの赤点候補。以前の学校を落第しかけたために、風太郎の学校に転校してきたのでした。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

物語の冒頭で五つ子の誰かと風太郎が結婚する未来が示唆されている通り、最初は反発していた五つ子は、次第にそれぞれが風太郎に惹かれていきます。さまざまな困難を乗り越え、風太郎が誰とゴールインするのかが見どころです。

あなたの推しは何番目? 主要人物紹介

「美少女がかわいいハーレム漫画」といえばそれまでですが、では本作はなぜこんなにも面白いのか? それは、五つ子たちが全員異なる個性を持ち、あの手この手で風太郎と読者の心をかき乱すから。いわゆる“ハーレム漫画”には、複数人の女性キャラの中でもヒロイン格がいますが、この作品は5人全員がヒロイン格。それぞれの魅力が全力で描かれ、誰が花嫁になってもおかしくないのが面白さの一因です。あとかわいいから。

そこで、まずは五つ子を中心に、中心人物をチェックしていきましょう。

〈五つ子〉

中野一花 ―― クールでしっかり者、実は腹黒の長女

見分けポイント:5人の中では一番短いショートヘアー
イメージカラー:黄色
風太郎の呼び方:フータロー君

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

妹たちを引っ張る、しっかり者で、ちょっとドジな長女。4人に内緒で女優として活動していましたが、風太郎の影響でその事実を公表。やがて、CM出演なども果たす人気女優へ。愛情表現がお姉さん的で、年上好きな読者はたまらないのではないでしょうか。わかります。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

自分を特別扱いしない風太郎を好きになった一花の独占欲はエスカレート。次第に腹黒な一面が見えてくるのもまたたまりません。

中野二乃 ―― 家族想いなツンデレ次女

見分けポイント:ツーサイドアップに黒い蝶の髪飾り
イメージカラー:黒
風太郎の呼び方:あんた→上杉→フー君

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

おしゃれで料理上手な次女。気が強い一方、姉妹の中では最も繊細で家族想いです。姉妹の絆を壊す異分子として、最後まで風太郎のことを邪険にします。

しかし、金髪のカツラ姿の風太郎(キンタロー)との出会いや、風太郎とのサシでの対話などを経て、態度は軟化。一度風太郎を好きだと自覚してからは、同じ職場でバイトしたり、猛烈にアピールしたりと、積極的にアタック&デレまくります。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

中野三玖 ―― 内気で一途で健気な三女

見分けポイント:首から提げているヘッドホン
テーマカラー:青
風太郎の呼び方:フータロー

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

戦国武将好きで内気な三女。無表情で、何を考えているかわからないと言われつつも、1巻から風太郎への好意を抱き続けています。料理下手ながら、風太郎のために料理を勉強するような健気さで大人気(『僕の! 私の! お嫁さんにしたいキャラクター人気投票』では堂々の1位!)。

ほかの姉妹への配慮から、なかなか風太郎に想いを打ち明けられません。しかし、要所要所で炸裂する風太郎への素直な想いに、ノックアウトされた読者も多いはずです。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

中野四葉 ―― 天然キュート、実は大人な四女

見分けポイント:頭につけた大きなリボン
テーマカラー:緑
風太郎の呼び方:上杉さん

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

お人好しで運動神経抜群、運動部の応援にしょっちゅう駆り出される四女。天然で、いつも姉妹の心に寄り添う優しさを持っています。

一貫してほかの四人を応援しており、色恋沙汰には無縁のように思われていますが、時々見せる風太郎との距離の近さには全員がドギマギ。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

風太郎の初恋の人である“零奈”に大きく関係することや、風太郎への秘めたる思いが11巻で明らかになります。

中野五月 ―― 真面目で不器用な五女

見分けポイント:左右のこめかみの位置につけた星形のヘアピン
テーマカラー:赤
風太郎の呼び方:上杉君

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

誰よりも早く風太郎と出会いながら、頑固、不器用、生真面目がたたって(?)あまり色っぽい展開が見られない五女。鈍感なうえ、五つ子の母親が亡くなった際、自分が姉妹の“お母さん”になると誓ったことが影響しているようです。

とはいえ、風太郎の家に行ったのは五月が最初。その後も別の機会に彼の家で一週間過ごしたりと、風太郎との信頼関係をさりげなく築き上げています。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

なお、2巻以降の冒頭にある登場人物紹介には、巻ごとに各キャラの好きな食べ物、好きな番組などが紹介されているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

〈その他の主要キャラ〉

上杉風太郎

この物語の主人公。全教科100点満点を取るほど頭脳明晰。しかし、デリカシーがなく、女心がわからないなど、人格に多数問題アリ。照れたり困ったりすると前髪を触る癖があります。

もともとは勉強好きではなく、金髪でヤンチャな見た目をしていましたが、5年前に出会った少女“零奈”との約束を果たすために、猛勉強したようです。

上杉らいは

純粋無垢な風太郎の妹。能天気な父親に代わり、上杉家の家事を担当するしっかり者。風太郎だけでなく、五つ子からも溺愛されています。

零奈

五年前、まだ金髪だった風太郎が京都で出会った美少女で、風太郎の初恋の相手。その正体は……。

『五等分の花嫁』を試し読みする

11巻分の名シーンプレイバック&勝手に花嫁大予想!

本作の注目ポイントは、何といっても花嫁の正体。5人のうち誰が風太郎と結婚するのかは、読者全員が気になるところでしょう。

しかし、巻ごとに各キャラと風太郎の接近度には変動が起きており、誰が最有力候補かはなかなか言い切れません(春場先生の匠の技…!)。そこで、現在発売されている11巻までを巻ごとに分析し、五つ子と風太郎の接近度を5段階で勝手に評価。風太郎との接触の多さ、風太郎への接し方を中心に、最も接近度が高い場合を五つ星ならぬ五つハートで示します。

併せて、巻の中で特に注目したいシーンもご紹介しますので、まだ決まった推しがいない方はぜひ参考にしてくださいね!

第1巻…三玖の素直さが読者の心臓をわしづかみ!

一花/♥♥
二乃/
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥
五月/♥♥

最初に風太郎と接触したのは五月。しかし、学食で風太郎ともめた後は一貫して塩対応を貫きます。比較的リベラルなのは一花ですが、ミステリアスで大人のお姉さん的な雰囲気(と部屋の汚さ)に風太郎の反応はイマイチ。四葉はその純粋さで親しげに風太郎に近づきますが、ただの優しさ以上の感情は読み取れません。そんな中、戦国武将好きをきっかけに素直になり、いち早く風太郎に懐いた三玖は……。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

見てください気を許したこの表情かっわええー。ということで、三玖が一歩リードです。

第2巻…どのキャラも好感度爆上がり! 甲乙つけがたい神巻

一花/♥♥♥
二乃/♥♥
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥
五月/♥♥♥

設定の説明にページを割かざるを得ない1巻と違い、徐々に各キャラの個性が際立ってくるのが2巻。本作でもそのセオリーに則り、5人それぞれが活躍する名場面が目白押しです。

二乃の家族想いな一面が発覚する第6話。風太郎、らいは、五月の“家族写真”が面映ゆい第7話。おんぶや手繋ぎなど、風太郎と三玖の無自覚のいちゃつきが見られる第9話。一花の秘密が明かされる第11話。そして、四葉がお人好しの殻を破った第13話。どれも各キャラをより好きになれるいい話ばかりです。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

そんなわけで今回のハイライトは、あえて全員が揃ったこのシーンをセレクト。今後のラブバトルという嵐を前にした、“凪”ともいえるワンシーンです。美少女の浴衣って最高だよね。

第3巻…リードする三玖、水面下で距離を縮める五月

一花/♥♥♥♥
二乃/♥♥
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥
五月/♥♥♥

中間試験を前に、デリカシーのない風太郎と頑固な五月はギスギスした雰囲気に。一方、一花の応援を受けて三玖は積極性を見せていきます。そんな一花も、風太郎の優しさに触れ、徐々に自分の想いに気づき始めます。このもだもだした感じがハーレムラブコメの醍醐味ですよね!

しかし、実はこっそりと五月も風太郎との距離を縮めているのです。素直になれない五月が三玖のふりをして風太郎と勉強するシーンでは……。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

プライドが高い風太郎の言葉に、思わず素直になる五月にキュン!

第4巻…二乃が斜め上のデレを見せるかたわら、三玖v.s.一花の戦いが開始!

一花/♥♥♥♥♥
二乃/♥♥     ※対キンタローでは♥♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥♥
四葉/♥♥♥
五月/♥♥♥♥

雪の中の旅館に林間学校とくれば何も起きないわけがない! 二乃は金髪のカツラをかぶった風太郎、通称キンタローと出会い、恐ろしいほどのデレを発揮します。

また、3巻では三玖を応援していた一花が、風太郎と2人きりで倉庫に閉じ込められたことによって完全に自分の恋心を自覚。さらに、ほかの4人に気兼ねしていた三玖も、風太郎の言葉で自分の恋の成就のために突き進む決意をします。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

三玖が一花に宣戦布告をするシーンは非常に印象的。また、林間学校のクライマックスであるキャンプファイヤーにまつわる“結びの伝説”のエピソードも要チェックです。

第5巻…圧倒的四葉回! 三玖の告白は残念ながら不発に……

一花/♥♥♥♥
二乃/
三玖/♥♥♥♥♥
四葉/♥♥♥♥
五月/♥♥♥

5巻は四葉回ということで異論はありませんね???? 勤労感謝の日にお出かけする風太郎と四葉。レストラン、スパ、買い物……と、こういうベタなデート回は正直たまらんの一言です。天真爛漫なため、ほかの4人に比べてあまり色気を感じさせない四葉ですが、その分素朴な公園デートで風太郎の全力の笑顔を引き出すことに成功しました。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

また、三玖のデレは引き続き健在。思い切ってストレートな告白をしますが、タイミングが悪く風太郎には届きませんでした。一方、勉強会をきっかけに五月と大ゲンカした二乃は、風太郎に対して心を閉ざしてしまいます。

第6巻…お待たせしました♡ 二乃のデレが炸裂

一花/♥♥♥♥
二乃/♥♥♥
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥
五月/♥♥♥

五月とのケンカ後、ホテルで1人暮らしを始めた二乃。そこで2人きりの会話を重ねたことで、風太郎は二乃の繊細な心理を理解します(ついでにキンタローの正体もバレます)。かたや二乃も、5人の中で自分だけが前に進めていないことに気づき……。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

長い髪をバッサリと切り、マンションに帰ることに。以降、デレ多めのツンデレキャラとして、5人の日常が元に戻ることに。
ようやく5人全員から信頼を得るという展開上、五つ子と風太郎との接触度は全体的に穏やか。比較的バランスが取れた状態です。

第7巻…一花と三玖のラブバトルに二乃が参戦!

一花/♥♥♥♥
二乃/♥♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥♥
五月/♥♥

マンションからボロアパートに引っ越し、一段と距離が縮んだ五つ子と風太郎。暮らしを支えるために女優業に邁進する一花、味オンチながらバレンタインのチョコレート作りに励む三玖、さらには四葉のほっぺチューなど、名シーンが多すぎて正直迷います。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

が、ここにきて震えるほどのデレを見せつけた二乃に乾杯! 気を許したのは第6巻と遅まきながら、誰よりも思い切りのいいこの告白ぶり……恐ろしい子。

第8巻…心の距離がグッと縮まる温泉旅行回

一花/♥♥
二乃/♥♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥♥
四葉/
五月/♥♥♥♥

二乃の堂々とした告白により、恋愛に対する考え方が変わり始めた風太郎。温泉旅行や、難易度の高い五つ子見分けゲームを通じて、五人への関わり方にも変化が生じます。

恋の戦いは相変わらず一花、二乃、三玖を中心に展開。そのかたわら、天然すぎて何を考えているかわからない四葉と、風太郎をまだ友達としてしか見られない様子の五月にどんな変化があるかワクワクします。そして、風太郎が“花嫁”への恋心を自覚したという「誓いの鐘」のワンシーンがこちら。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

五つ子のうちの誰かが風太郎にキス。“特別な彼女”とは誰なのでしょうか!?

第9巻…一花の闇堕ちと四葉の言動に注目!

一花/♥♥♥♥♥
二乃/♥♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥♥
四葉/♥♥
五月/

健気で素直な三玖や、“恋の暴走機関車”二乃のアピールを見て、なりふり構っていられなくなった一花。五つ子の関係を壊したくないけれど、風太郎を独占したいという葛藤から、ダークサイドに落ち始めます。その一環として、三玖のふりをして、一花が風太郎に好意を持っていると告白。さらに、三玖の姿で一花は二人を応援していると告げ……。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

臆病な乙女心が、恋のバトルをかき乱します。

また、9巻で意味深なのが、風太郎とともにクラスの委員長となった四葉の言動。接点が増え、風太郎の優しさに頬を赤らめる一方で、付き合っているのかと問われればバッサリと否定。風太郎が誰を好きになっても全力で応援するという四葉……一体、何を考えているのでしょうか!?

第10巻…五者五様の修学旅行、開幕!

一花/♥♥♥♥
二乃/♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥♥
四葉/
五月/♥♥♥

京都での修学旅行で風太郎との距離を一気に縮めようと、一花、二乃、三玖は思い思いの策をこらします。また、零奈のことを思い出させるため、五月も積極的に風太郎に接近。徹底的にサポートに回る四葉を残し、ラブバトルはヒートアップしていきます。

一花はまたもや三玖になりすまして姉妹を出し抜こうとしますが、結果として三玖を応援することに。ほかの4人に陰で支えられた三玖は……。

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

実は“好き”なのは姉妹のことでしたが、風太郎を意識させるには十分な“告白”なのでした。

第11巻…四葉の隠された気持ちに涙…!

一花/♥♥♥♥
二乃/♥♥♥♥
三玖/♥♥♥♥
四葉/♥♥♥♥♥
五月/♥♥♥

これまでの伏線がガンガン回収された11巻。五年前の風太郎と五つ子との出会いや、彼女たちが高校を転校した経緯などがまとめられた要注目の一冊です。海、引っ越し、プール(水着回ってすばらしい)、一花の旅立ちなど見どころばかりですが、何といっても四葉の隠された想いにグッときます!

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

姉妹の中では最も子供っぽいとされ、風太郎と誰が一緒になっても応援すると言うほどお人好しな四葉の独白に、誰もがキュンとしたことでしょう。ここにきて風向きが変わってきましたね! ワクワク。

今までの下馬評をまとめたグラフがこちらです。

こう見ると、最初から押せ押せだった三玖や一花の勢いは比較的安定しています。しかし、二乃の猛烈な勢いも無視できませんし、11巻で過去が明かされた大穴・四葉の大逆転にも期待です。残る五月は、母親の影から解き放たれた時に何かが起きるかもしれませんね。

ただし、4巻収録の第32話を思い出してください。未来の結婚式で、風太郎の “花嫁”の着るドレスが10着以上あったことに気づいたでしょうか?

『五等分の花嫁』©春場ねぎ/講談社

まさかの五人全員花嫁説も…アリ…なのでは!?(一夫一婦制とか知ったこっちゃない)

終わりに

本作についてとにかく言いたいことは、「ただのハーレム漫画と侮ることなかれ!」。ガリ勉な見た目とは裏腹に、意外にも男らしく、真正面から五つ子と向き合う風太郎を見ていると、彼女たちが好きになるのも納得です。

五つ子たちの絆も大きな見どころ。瓜二つならぬ「瓜五つ」な人生を歩んできた彼女たちが、笑い、怒り、時に涙しながら、おっかなびっくり互いの道を歩む姿にはグッときます。誰が花嫁になってもおかしくないラブバトル、推しを応援しながら今後も見守っていきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

【女体化・入れ替わり・変身】「TS(性転換)漫画」8選
今年は「使徒襲来」イヤー!エヴァに描かれた2015年と現実世界を比較する
【ネタバレ注意】実写映画化で注目度アップ! 『空母いぶき』の魅力を書店員が徹底考察
心拍数上昇間違いなし!おすすめのサスペンス漫画17選
【独身OL必見】恋愛は出来る?おすすめ婚活漫画11選
【2019年版】インモラルな関係に溺れる…不倫がテーマの漫画16選