ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

『忘却バッテリー』最強キャッチャーは記憶喪失!? ギャグと真顔が交錯する野球漫画【ネタバレ注意】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

忘却バッテリーバナー

古から数々の名作、ギャグ作、珍作を生み出し続けている一大ジャンル、野球漫画。その激戦区の中でも、今話題を集めているのが、「ジャンプ+」(集英社)で連載中のみかわ絵子先生の『忘却バッテリー』です。
野球漫画? なら特に興味なし……という方も、そっ閉じは早計です! なぜなら本作、一般的なスポ根系野球漫画とは一線を画しており、なんだか様子がおかしいから。

まず、主人公が記憶喪失。しかし、はいはい野球×記憶喪失=シリアス展開ね、と期待すると必ず裏切られるはず。主人公がとことんボケまくるため、シリアス公式が成立しない。そのボケを菊池涼介選手(広島東洋カープ)並みの守備範囲の広さで拾い、ツッコんでいく裏主人公。――そうギャグです。本作の基本はギャグ、しかしゆるく笑っているうちに気づくとアツイ展開に巻き込まれているという、なんとも不思議な作品なのです。

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事にはネタバレを含みます。

『忘却バッテリー』作品紹介

『忘却バッテリー』書影

作品の詳細を見る

『忘却バッテリー』のあらすじ

中学硬式野球界で、その名をとどろかせたピッチャー・清峰葉流火(きよみねはるか)と、キャッチャー・要圭(かなめけい)。かつて2人は、対戦するバッターに必ず深い挫折を味あわせる怪物バッテリーとして恐れられていました。

『忘却バッテリー』清峰・要バッテリー

本作の裏主人公で語り部役の山田太郎もそのひとり。中学時代に彼らと対決し、自分には野球の才能はないと思い知らされた山田は、野球部のない都立小手指高校に進学します。しかしそこにはなぜかあの清峰・要コンビも入学していて……!?

『忘却バッテリー』清峰・要バッテリー

実は、入学前の事故で記憶喪失になってしまっていた要。野球に関する記憶の一切を忘れ、ただ家から一番近いからという理由で高校を選んだ要に、「圭が一緒じゃないと野球はやらない」と、なぜか清峰もついてきてしまっていたのでした。
中学時代に「智将」と呼ばれていた要でしたが、今現在その面影はどこにもなく、「パイ毛」を鉄板ギャグとするアホの子に……。

『忘却バッテリー』記憶喪失の要圭

なんやかんやで「愛好会的」的なゆるさで発足したばかりの新設・野球部に誘われるままに入った清峰・要・山田。しかし、かつての怪物バッテリーの復活が平和に終わるはずもなく、藤堂、千早ら曲者らを次々と引き寄せることに。
甲子園からは程遠いところからスタートした都立小手指高校野球部。果たしてどうなっていくのでしょうか!?

『忘却バッテリー』の登場人物

[都立小手指高校]

清峰葉流火(きよみね・はるか)

投手。中学野球で140km/hを記録した怪物として知られ、さらにバッティングも強いという、かの大谷翔平選手を彷彿とさせる天才です。
しかし、そんな天才の弱点が、幼馴染の要。幼いころからべったりで、要が行くからという理由だけで、あまたの強豪高校からのスカウトを断り、野球部すら存在しなかった都立小手指高校へ。

『忘却バッテリー』清峰葉流火

女子の誘いを冷たくあしらうなど、一見クールにすかした俺様系かと思いきや……とにかく要への信頼だけはめちゃくちゃアツイ!

「圭じゃなきゃ俺の球は捕れない」
「圭としか組む気ないから」

などなど、隙あらば信頼っていうかもはや愛をサラッとあふれさせてきます。誰も笑わない要のギャグをバカにされることすら許せないようで、「パイ毛は面白いだろが 有吉超えてるだろが…ッ」とキレるあたりは、もはや要のモンペ。

『忘却バッテリー』覚えていない清峰

基本、要以外には興味がなくコミュ障。自分が絶望を味あわせた相手の名前も憶えておらず、弱者の気持ちに立つという発想すらありません。発言は常に自信満々で、相手の逆鱗に触れることもしばしば。
なお、野球以外に、あらゆるAV作品を取りそろえる兄のコレクションから相手の好みに合わせてセレクトするという謎の能力も持ち、その力で場を収めることも。

要圭(かなめ・けい)

捕手。中学時代は圧倒的努力によって清峰を沈着冷静にリードし、チームをまとめ上げ、「智将」と呼ばれた男。しかし記憶喪失になってからは、無理をしていた過去への反動のように、とことんおバカキャラに(それが本来の性格だった模様)。
鉄板ギャグは、「パイ毛~」。このギャグは、「智将」時代の要を知る者を容赦なく失望からの絶望へと突き落とす決め手として絶大な効力を発揮します。お笑い芸人の有吉弘行さんを尊敬している様子。

『忘却バッテリー』要圭

しかし、野球に関する記憶を失っていながらも、捕手の正しい構えを無意識にとったり、清峰の剛速球にも反応できたりと、凡人には真似できない野球センスの高さを垣間見せてくることもあり、あなどれません。

『忘却バッテリー』要圭の正しい構え

加えて、「智将」時代にはなかったアホな行動ゆえに相手の気持ちを和ませるコミュ力の高さが、思わぬところで役立つ場面も。
そんな現在の要は、はみだし者だらけの小手指高校野球部にあって、チームのムードメーカー的存在に。そのポテンシャルは、後々チームにとって思わぬ効力を発揮しそうな予感……?

思春期が止まらず、家では母親に徹底的に反抗。ちなみに童貞。

山田太郎(やまだ・たろう)

一塁手。本作の語り部兼裏主人公的存在。中学時代に清峰・要コンビと対戦し、格の違いを目の当たりにしたことで、一度は野球の道をあきらめた平凡代表の少年。清峰、要をはじめ、藤堂、千早ら次々に登場する猛者たちへの態度は、完全に推しを目の当たりにしたオタクのそれ。

『忘却バッテリー』山田太郎

存在感は地味ながら、要のくどいボケをきれいに拾うツッコミ力は相当なもの。チームに亀裂が走ったときは、いつもさりげなくフォローするなど、とにかくいいやつです。
ちなみに名前の由来は『ドカベン』(秋田書店)から。

藤堂葵(とうどう・あおい)

遊撃手。リトルシニア時代は強肩・長打で鳴らしたものの、清峰・要コンビと対戦した際のミスが精神的引き金となり、イップスを発症。そこから復調できずに野球を辞め、一時は喧嘩に明け暮れるなど荒れていた過去を持っています。

『忘却バッテリー』藤堂葵

しかし野球への思いを捨てきれず、辞めた後もなお走り込みを続けていたおかげで、小手指高校野球部でもすぐに存在感を発揮します。
性格は直情型で、バッターとしても初球からフルスイングでいくなど分かりやすいプレースタイル。
早くに母を亡くし、父と姉・妹と暮らしており、コワモテながら妹を溺愛&料理が得意というギャップ萌え待ったなしのキャラ。

千早瞬平(ちはや・しゅんぺい)

二塁手。右投両打。頭脳型のプレーで、抜群のバットコントロールと俊足を誇ります。

『忘却バッテリー』千早瞬平

身長167cmと、野球選手としては小柄な体形のコンプレックスを克服するため、リトルシニア時代は吐くまで食べるなど、無理な努力を続けてきました。しかし、天才清峰・要コンビと相まみえたことで、努力だけでは超えられない壁があることを思い知ることに。
野球からの逃避先としてはじめた趣味は、ファッション、音楽、紅茶と、意識高い系。シニカルな口調が特徴的な、インテリ系男子です。

土屋和季(つちや・かずき)

中堅手。中学時代、部活としての野球部に苦手意識を持って以来、現実の野球部員とは極力関わりを持たないようにしてきた2年生。野球が好きという気持ちが二次元に向かった結果、ゲームの野球に逃げ込むように。
オタクのためか、記憶喪失という厨二設定の要へのまなざしに憧れが入っています。

『忘却バッテリー』土屋和季

[私立帝徳高校]

国都英一郎(こくと・えいいちろう)

野球の名門・私立帝徳高校で、1年生ながら4番を担うチームの主砲。清峰・要と帝徳チームメイトとして共に甲子園を目指すことを夢見ていましたが、その夢が破れたばかりか、たっての希望で実現させた小手指高校との練習試合で、「智将・要」の変貌ぶりを目の当たりにし、絶望……。心中お察しします。

『忘却バッテリー』国都英一郎

岩崎監督

帝徳高校野球部監督。部員からの厚い信頼を誇る名将ながら、過去熱烈にスカウトしたものの獲得できなかった清峰、要、藤堂、千早への未練から、情緒不安定ぶりをさく裂させていきます。ギャグ要員として頼れる大人。

『忘却バッテリー』岩崎監督

[私立氷河高校]

巻田広伸(まきた・ひろのぶ)

強豪・私立氷河高校の1年生投手。千早と同じリトルリーグチーム出身で、千早のコンプレックスに大きく関わった人物。単純な性格で、桐島からゴリラ呼ばわりされています。

『忘却バッテリー』巻田広伸

桐島秋斗(きりしま・しゅうと)

氷河高校の2年生で、エース投手。大阪出身で関西弁。直情型の巻田をからかうクールな先輩。

『忘却バッテリー』桐島秋斗

[その他]

要の母

絶賛反抗期中の息子にひるまず、ぐいぐい絡んできます。

『忘却バッテリー』要の母

『忘却バッテリー』のここが見どころ

要の記憶喪失⇄智将モードの振り幅がハンパない‼

もともと野球を始める前の幼少時代は、お調子者キャラだった要。天才ピッチャー・清峰を補佐するため、努力で沈着冷静な智将としての地位を築いた彼は、記憶を失って以来、本来の性格に戻った状態となっています。(自分の中では)鉄板ギャグである「パイ毛~」をはじめ、「ムリリンマンロー」など、ところ構わずぶつけては、相手が笑うまでゴリ押しするという芸風(とても迷惑)。

『忘却バッテリー』ギャグキャラの要

野球の記憶はすっかり失っているため、キャッチャーマスクをつければ「あごかゆい」、清峰の全力投球を受けた後は涙を流して「もうやめよう」。野球初心者ならではの正直すぎる感想で、緊迫したシーンをいちいちぶち壊していきます。
しかし、そんな素人目線の柔軟な発想と親しみやすさが、ときにチームのムードを和ませ、思わぬ勝機を生み出すことも。

そのアホ要と見た目こそ変わらないものの、とても同一人物とは思えないのが智将・要バージョン。3巻ラストから一時的に智将モードの記憶を取り戻した要は、強烈なリーダーシップを発揮します。心なしかイケメン度アップ。

『忘却バッテリー』智将モードの要

ギャグの一切を封じ、チームが今やるべきことを的確に指示していきます。さらにバッティングセンターに行けばバッターサークルから前進しながら全打ち。そんなチートぶりを目の当たりにし、土屋先輩に至っては、もはや「圭様」呼び。
女子にも自信満々で、こう。

『忘却バッテリー』女子に俺様な要

超二次元!(by土屋先輩)

周囲はその変貌ぶりに失望したり、ときめいたりとバージョンごとにいちいち反応しますが、唯一アホの要も智将の要も変わらず信頼し、溺愛しているのが清峰。その関係性がひたすら尊い……。

サブキャラ3人それぞれの成長と関係性がエモい!

記憶喪失というドラマを背負ったかつての天才バッテリーコンビはいわずもがな、サブを固める3人の葛藤や成長がしっかり描かれていくのが、本作の大きな魅力です。

まず3巻でフォーカスされるのは、藤堂。血のにじむ努力を重ねても治すことができなかったイップスと再び向き合うことにした藤堂を、チームメイトそれぞれが自分のできることで支えていきます。ひとりでは乗り越えられなかった弱点を、人に頼ることで克服した藤堂がバッティングセンターで流す涙には、グッとくるものが。

『忘却バッテリー』藤堂の涙

4巻では、努力ではどうしても超えられないフィジカルの壁の前に挫折した千早の物語が語られます。体形に恵まれた他人をうらやむ気持ちを思わず口にしてしまって以来、誇りを失い、常に斜に構えた態度で野球から逃避し続けていた千早。
そんな千早が、小手指高校野球部メンバーとともに過ごすうち、いつの間にか仲間を信頼することを学んで再び正面から野球に取り組んでいくまでのストーリーは、涙なしには読めません。

『忘却バッテリー』山田に注目

そして個人的にも一押しなのが、最強の凡人・山田! 物語冒頭から目立たず、波風立てず、時折的確な野球解説を挟みながら、語り担当として職人芸を発揮している山田ですが、実は誰よりもチームメイトに気を配り、地道な努力を欠かさない強さがあります。
そんな影ながらの努力を、智将モードの要から認められたときの山田の喜びたるや!

『忘却バッテリー』認知が来た山田

推しに気づいてもらえたオタクって、きっとこう!

『忘却バッテリー』読者の声

コミカルなシーンは思い切り笑えて、登場人物それぞれの野球への思いやチームメイト、ライバルへの思いがあふれるシリアスなシーンはぐっと読ませる本作。そのギャップに魅せられた読者からの声をご紹介します!

今一番最高の漫画
読まなきゃ損な漫画は数あれど
今、今は忘却バッテリー一択です!!
おお降りにもダイヤのAにもない
高校野球の怖さがココにあります。

めちゃくちゃ面白い
最強バッテリーの片方が記憶喪失、かなりギャグかと思いきや、登場人物の抱えてる思いにウッとなる面白い作品です。

舞台は高校野球部、主人公が山田太郎。
でも、先ごろ完結したアレではない。
タイトルのある「忘却」が原因で、
いろんな意味でぶっ壊れた球児たちの「野球魂」が、
徐々に集まり、つつき合い、組み上がっていく…。
きっと真剣なのに、まともでないのが面白いです。
この先集まってくるのであろうナインの顔ぶれが楽しみ。
posted.by ブクログ

最後に

単行本は、現在既刊6巻までを刊行。当初、完全にモブキャラとして登場した先輩2人も加わって、ようやくチームとしての体をなしてきた小手指高校野球部。甲子園からはほど遠いものの、とりあえず地区予選で価値ある一勝をとった彼らの今後が気になります。
そんな小手指高校野球部のキーパーソンであり、物語の鍵を握るのは、やはり記憶喪失の要。3~4巻で一瞬登場した智将・要はどうなってしまったのでしょうか? アホ要はチームにどう貢献していくのでしょうか……?
そして、現在までのところ俺最強で来ている清峰に、今後どんな壁が立ちはだかるかも注目したいところ。
ギャグに笑いながら、気づけばエモさに涙してしまう野球漫画『忘却バッテリー』から、ますます目が離せません!

『忘却バッテリー』書影

作品の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

『山と食欲と私』山で美味しいご飯を食べたいなら必読!レシピ本まで出版!
『山と食欲と私』山で美味しいご飯を食べたいなら必読!レシピ本まで出版!
無料で読める試し読みがメチャクチャ面白い漫画14選
『映画大好きポンポさん』が映画になっるぞー! pixiv発の話題作をチェック!
『映画大好きポンポさん』が映画になっるぞー! pixiv発の話題作をチェック!
これを読んだらほぼ網羅!バドミントンが題材の漫画6作
『まくむすび』廃部寸前から全国大会へ…高校演劇に賭ける青春【ネタバレ注意】
『放課後ていぼう日誌』アニメ化決定! 女子高生4人ののんびり釣りライフ漫画を徹底解説!【ネタバレ注意!】
『放課後ていぼう日誌』祝アニメ化! 女子高生4人ののんびり釣りライフ漫画を徹底解説!【ネタバレ注意!】