ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

『波よ聞いてくれ』感想解説|RABマロン話題の漫画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マロンさん『波よ聞いてくれ』レビューバナー

どーもマロンです!自粛期間はテレワークの最中に音楽を聴いている方も多いと思います。僕は割と声優さんのラジオを聴いていたりしています。

そう、今回はラジオの漫画『波よ聞いてくれ』をご紹介しますー!

『波よ聞いてくれ』

沙村広明原作。『月刊アフタヌーン』にて連載中。
北海道札幌市を舞台に、スープカレー屋勤務、主人公の鼓田ミナレ(こだ みなれ)が、ひょんなことから中年男性に騙され、ラジオDJデビューし、奮闘をする姿を描いたコメディである。

新感覚!? ラジオの漫画

まず凄いのはラジオを漫画にしようと思った事。漫画は『セリフは少なく、絵で説明する』という基本がある。しかしラジオは声のみだ、『声が主役』で、ある意味漫画とは一番食い合わせの悪いテーマかもしれない。
しかしこの漫画はラジオのシーン以外でもとにかくセリフ量が多い、しかも特にストーリーに関係の無い小ネタや雑学なんかも入れてきて、まさに『会話劇』の漫画となっている。だからと言って読みにくいわけではなく、読み手のリズムを理解し、心地よいテンポで会話が展開されていくので飽きないし、それでいて話の道筋も理解できる。これは沙村広明先生の画力とネーム力のなせる技であろう。
沙村広明先生と言えばアニメ化や実写映画化もされたダークな雰囲気漂う『無限の住人』であるが、実はギャグ漫画も凄く面白くて、特に『ハルシオン・ランチ』は僕自身大好きである。

知ってるようで知らない? ラジオの魅力

ラジオはみんな知っているが、意外とラジオの良さって語れるだろうか? 最近ではライブストリーミングに押されているイメージもあるが…
作中にもあるように “ラジオは基本リスナーさんが好意的というところ”。
僕も声優さんのラジオを良く聞くのですが、出たとこ勝負の企画でグダグダになってもその空気を一緒に楽しむような流れが番組にはあったりする。
これは話し手とリスナーさんの距離の近さを物語っている。主人公の鼓田ミナレのような素人がラジオDJになれるという設定もこの緩さがあって説得力が増すのだろう。
また作中で曲紹介無しで朝まで流しっぱなしの『サウンドハイタイド』という番組の紹介があり、音を絞ってかけっぱなしにすると無音より良く眠れるという雑学も披露。ある意味肩の力を抜いて付き合えるのがラジオの魅力なのかもしれない。

人間の会話って面白い!

ラジオの漫画とあるが実はラジオのシーンは全体の3分の1あるかないかという感じ。他は登場人物の人間ドラマで成り立っている。冒頭でも話したとおり会話には小ネタや雑学なんかも入って脱線しまくりなのだが、そこから感じるのは

人間っておもしれー!!

という感情。必要なセリフだけでなく無駄なセリフにこそ、その人の人間性が現れるのだなと感じる。
主人公のミナレのセリフは

「私今ちょっと麻藤さんの事一瞬キライになりかけました この手羽先くれたら元に戻ると思います」

とある。
どうでもいい会話ですが、ミナレが適当であり、切り替えの早い女性であることがよくわかる。
ミナレをラジオの世界に誘った麻藤さんのセリフには

「ミナレェ 獲ろうぜ世界をよぉ」

とスケールの大きい話。
ミナレにも「ラジオの地方局がでけぇな言う事が」と突っ込まれるが、麻藤さんの野心とひょうひょうとした部分を両方見せるセリフである。

ラジオの話であるが本作の魅力はそんな楽しい会話劇から生まれる人間ドラマなのである。

ミナレの声はどこに届くのか?

とりあえずこのお話は甲子園を目指すわけでも、魔王を倒しに行くわけでもないゴールの無い話である。ただこの話は魅力的なキャラクター達が意思を持って生きており、その人生が交差するたび会話となりちょっと笑えるドラマを生む。何かが起こる可能性もあれば、何も起こらない可能性もある。ある意味リアルな世界だ。そんな中ミナレの声は電波に乗り、誰に届きどんなドラマを生み出すのか、肩肘張らず見届けてみるのはいかがだろうか?

紹介した作品はこちら

『波よ聞いてくれ』

『波よ聞いてくれ』

作品の詳細を見る

『波よ聞いてくれ』 1~7巻 沙村広明/講談社

RABマロンの描く”鼓田ミナレ”!

マロンさん『波よ聞いてくれ』レビューバナー

関連ページ

『波よ聞いてくれ』アニメ化決定!北海道のローカルFM局が舞台の破天荒DJ漫画を徹底解説!【ネタバレ注意!】

RABマロンのマンガ連載はこちら

毎週金曜更新『RAB(リアルアキバボーイズ)の日常描いてみた』

不定期更新『オタめし!〜アキバグルメ紀行〜』

「RABマロンの話題の漫画レビュー」は不定期更新です。次回の更新のお知らせやマロンの漫画関連情報は「ぶくまる公式Twitter」「マロン公式Twitter」で随時発信中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

田中圭一が克・亜樹先生の「一コマ」に直撃インタビュー!|「わが生涯に一片のコマあり」第17回
出版業界自ら有害図書排除を目指すいまこそ『有害都市』が読まれるべきだ|鷹野凌の漫画レビュー
#ハッシュ本 まとめ㉒書店員が選んだ「新入生に勧めたい本」【三省堂書店×BookLive!】
田中圭一、年内で漫画家廃業!? その真相と後継者を独占取材!
#ハッシュ本 まとめ⑮書店員が選んだ「いちばん泣ける本」【三省堂書店×BookLive!】
谷山紀章さんへインタビュー「BookLive! Presents 教えてあなたの#キッカケマンガ」第2回