ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

【祝!マンガ大賞2019!】漫画『彼方のアストラ』(篠原健太)の魅力を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【祝!マンガ大賞2019!】漫画『彼方のアストラ』(篠原健太)の魅力を徹底解説!

平成最後のマンガ大賞を受賞した作品は、遥か未来:西暦2063年を描いた物語でした。私たちが一度は思い描いたことのある未来都市、そして宇宙を舞台とした壮大なスペクタクルファンタジー漫画。そのスケールの大きさに飲み込まれたら最後、脱出不可能なほどにハマってしまいます。面白さ、まさに宇宙。

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事には一部ネタバレを含みます。

漫画『彼方のアストラ』基本情報

彼方のアストラ
完結『彼方のアストラ』 全5巻 篠原健太 / 集英社

あらすじ

アリエス・スプリングは、ケアード高校に転校してきたばかりの女子高生。そそっかしく空気の読めない天然系少女の彼女ですが、高校が主催する惑星キャンプに参加することに。

この惑星キャンプとは、無作為に選ばれたチーム(生徒たち9名)のみで、惑星を5日間探検するというもの。張り切って集合場所である宇宙港に着いたアリエスでしたが、到着早々手に提げていた鞄をひったくり犯に掏られてしまいます。彼女が呆気にとられていると、そこへ彼女に代わってダッシュで犯人を追い詰める青年が現れます。この青年こそ、アリエスと共に惑星キャンプに出掛けるチームメイトのカナタ・ホシジマでした。

若干空回り気味のリーダーシップと、圧倒的運動神経を兼ね備えたカナタは無事ひったくり犯を捕まえます。そしてカナタとアリエスは、集合時間に遅れながらも他7名のメンバーと合流し、合計9名のチームで惑星マクパへと向かいます。長い宇宙の旅を経て、目的地へと到着したカナタ一行。惑星マクパの散策を開始すべく地上に降り立った直後、目の前に謎の球体が…!

不用心に球体へと近寄った彼らは、一斉にその球体の中に吸い込まれてしまいます。気づいた時には全員が宇宙の果てに飛ばされていて…。なんとか近くの宇宙船に避難することができたメンバーたちでしたが、元の惑星に戻るには現在地が遠すぎることが判明。食料や水の残量的に相当厳しいサバイバルを余儀なくされてしまいます。さらに宇宙船の通信機器を意図的に切った者の存在が明らかに。宇宙船の中にいる惑星キャンプのメンバー9名の中に犯人がいるという衝撃の事実が発覚します。果たしてメンバーの運命や如何に…!!

作者は『SKET DANCE』の篠原健太先生!

マンガ大賞2019の授賞式に登壇した作者・篠原健太先生。
本作『彼方のアストラ』が当初の企画会議でボツとなった裏話など、赤裸々にお話ししていた姿が印象的でした!篠原先生は『レッサーパンダ・パペットショー』という作品で2005年にデビューして以降、ヒット作『SKET DANCE』を生み出すなど大活躍された先生です。2016年に「週刊少年ジャンプ+」にて本作『彼方のアストラ』を連載開始。大人気連載として2017年12月まで続き、単行本も5巻分発売されました。

受賞情報

WEBコミック「週刊少年ジャンプ+」で連載されていたことから、第3回「次にくるマンガ大賞」のWebマンガ部門にて第5位に選出され、注目を集めます。連載終了後「このマンガがすごい!2019」のオトコ編にて第3位に選出され、大きな話題に。そして2019年3月、「マンガ大賞2019」を受賞し、ウェブ連載漫画としては初めての快挙を成し遂げました。書店員をはじめ多くの漫画ファンから圧倒的支持を集め今年を代表する作品となっています。

メディア化

実は本作『彼方のアストラ』は、マンガ大賞2019の受賞前からTVアニメ化が決定し、ファンの間で大きな話題を集めていました。アニメ化のスタッフも発表されており、監督に決定している安藤正臣さんは「最弱無敗の神装機竜」「がっこうぐらし!」等が代表作。そしてシリーズ構成には、同じく「がっこうぐらし!」等を担当した海法紀光さん。キャラクターデザインには、「このはな綺譚」「あそびあそばせ」の黒澤桂子さん。そして、アニメーション制作には「Lerche」(ラルケ)が決定しています。マンガ大賞を受賞した今、アニメの注目度はさらに大きく高まっています。今後のアニメの続報が待たれますね!

このように「マンガ大賞」受賞、そしてアニメ化決定など、加速度的にファンを増やす本作。どのような魅力が評価されているのか、本作『彼方のアストラ』の注目ポイントをまとめてみました!

宇宙×サバイバル×ミステリーの独自性!

本作『彼方のアストラ』は、宇宙を舞台とした冒険ファンタジーです。ただ、その一言だけではどうしても説明が足りません。何故ならば、この作品がその他あらゆるジャンルの要素で構成されており、それぞれのジャンルの面白さを凝縮したような物語になっているからです。

例えば、宇宙で遭難したカナタをはじめとする9名のメンバーは、様々な惑星に下り立って生き抜くため食料や水を確保に奔走するという展開であり、「サバイバル」の要素が描かれています。また、メンバーたちを襲った謎の球体の背後には何の陰謀(?)があるのか、宇宙船の通信手段を意図的に絶った「犯人」が9名の中にいるのか、などドキドキさせるミステリー/サスペンス的な要素も盛り込まれています。

かと思えば、アリエスの天然発言に翻弄されるカナタ等、クスッと笑えるコメディの要素もふんだんに散りばめられており、とても読みやすくなっています。

そして何といっても、立ちはだかる大きな困難に対して、互いに協力し合い友情を深め合いながら乗り越えていく彼らの姿は、王道の少年漫画の熱さそのものです。このように幾重にも重なった要素によって、この漫画が唯一無二の面白さに仕上がっています。

抜群のテンポ!息もつかせぬ展開!

この作品を読んだ人の多くが「イッキに5巻分をまとめて読んでしまった」という感想を口にしています。それもそのはず、宇宙に取り残された彼らの元にトラブルや謎、命の危機が次から次へと押し寄せ、そのテンポはまさに「息もつかせぬ」ほど。かといって、それらの困難な展開が決して行き当たりばったりなものではなく、その後の展開へと繋がり活きてくるから驚きです。

終始ハラハラしながらページをめくる手が止まらず、気づけば5巻全て読んでしまっていた!というのも頷けます。それはまるでジェットコースターのようなスピード感あふれる読書体験です。

総合的な完成度の高さは圧巻!

この漫画は5巻で完結するのですが、まるで1本の超大作映画を観たかのような読後感があります。

まず1巻冒頭、宇宙空間に放り出されることで走り出した物語は、そのスピード感や緊張感、そしてワクワク感を保ちながら2巻3巻へと続き、後半に差し掛かるに連れ、さらに加速しながら5巻まで走り抜ける。つまり、物語の起伏やテンションのバランスが5巻を通して上手に練り上げられており、展開や構成等の総合的な完成度が非常に高いことが、この大満足な読後感の理由ではないでしょうか。前述したミステリー要素も、後半に進むに連れて伏線が巧みに回収されていき、スカッとします。

物語の性質やその長さによって、作品のテイスト等が大きく変わることも珍しくない漫画の世界において、ここまで一貫したストーリー展開を実現できているという点に脱帽します。この完成された物語の世界観をぜひ味わっていただきたいです!

漫画『彼方のアストラ』終わりに

さて、いかがでしたでしょうか。語れば尽きることのない本作の魅力ですが「百聞は一見にしかず」です。とにかく読んでみて下さい。5巻完結の物語であり、前述の通りイッキ読みしてしまうほど面白いですよ!「マンガ大賞2019」も受賞し、話題沸騰中の漫画『彼方のアストラ』。ぜひ、その世界観をご堪能あれ!

彼方のアストラ

完結『彼方のアストラ』 全5巻 篠原健太 / 集英社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

犬好き書店員が選ぶ、犬好きのためのおすすめ犬漫画9選
純愛・愛憎…華やかで儚い花魁漫画おすすめ8選
【恋愛・部活】思春期を描くおすすめの青春漫画23選
正義を貫き通す! おすすめの刑事・警察漫画11選
山伏・自衛官…特殊な「ウチのダンナ」コミックエッセイ4選
秘密めいた恋にときめく!年の差ラブな漫画9選