ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

【祝アニメ化】謎をもって謎を制す!恋愛×伝奇×ミステリ『虚構推理』の魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

虚構推理

2020年1月からアニメが始まった『虚構推理』『スパイラル〜推理の絆〜』『絶園のテンペスト』(ともにスクウェア・エニックス)の原作を手がけた城平京先生の小説をもとにした漫画で、続編のコミカライズも連載中の人気作です。

タイトルに「推理」とある通り、ミステリにカテゴライズされる本作は、その特殊な設定から、一部読者の間で果たしてミステリと呼べるのかという議論を巻き起こすことにもなりました。そんな本作の魅力を、ネタバレにならないギリギリのところまでご紹介。アニメが気になっている人も、おさらいをしたいファンも、その世界観にハマってください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事には少しのネタバレを含みます。

あらすじ

妖怪や幽霊といったこの世ならざる者たちの“知恵の神”である岩永琴子と、ある理由から怪異たちに恐れられている桜川九郎。それぞれの能力を活かして妖怪たちから持ち込まれる “怪異”にまつわるトラブルを解決しているうち、二人は「鋼人(こうじん)七瀬」という都市伝説に行き当たり……。

6巻までは城平先生の小説『虚構推理』(講談社)を基にした「鋼人七瀬」編、以降は城平先生の書き下ろし小説を基にした短編が続きます。

『虚構推理』を試し読みする

『虚構推理』登場人物

まずは主要キャラクターをチェック。

岩永琴子

岩永琴子©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

ベレー帽とステッキがトレードマークの、小柄で可憐なお嬢様。見た目からはわかりにくいですがれっきとした高校生で、その容姿からは想像もつかない卑俗な発言も多数。

11歳の頃に“あやかし”や“怪異”と呼ばれるものにさらわれ、争いや揉め事、相談を解決する“知恵の神”となります。この世ならざる者たちと交流する力と引き換えに、右目と左足を奪われて“ひとつ眼いっぽん足”状態に。15歳の時に九郎に一目惚れし、以降彼女になる機会を虎視眈々と狙います。

アニメでは、「鬼滅の刃」の禰豆子役などで知られる鬼頭明里さんが声を担当。

桜川九郎

桜川九郎©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

登場時20歳。一見大人しそうな普通の青年ですが、11歳の頃にあるものを食べた影響で、特殊な能力と肉体を獲得します。基本的にクールですが、いざという時には怪異を前に戦い続ける武闘派な一面も。積極的にアピールしてくる琴子を冷たくあしらっていますが、ただのクーデレなのでご安心ください。
アニメの声は人気声優の宮野真守さんが担当。今から楽しみです!

弓原紗季

弓原紗季©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

九郎の彼女でしたが、ある出来事をきっかけに距離を置き、鋼人七瀬事件をきっかけに九郎と再会します。琴子のコンプレックス(幼児体型)を刺激するかのように背が高く、細身でクールな美人警官。
アニメでは幅広い役柄を演じるベテラン・福圓美里さんが声を当てます。

桜川六花

桜川六花©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

九郎の三歳年上の従姉。青白い肌と薄い体をした美人で、九郎と同じ能力と肉体を持っています。紗季いわく、九郎の好きな女性のタイプは六花だとか。2019年10月下旬段階では声優さんは未発表。待て、続報!

ミステリの新境地!? 作品を構築する「恋愛」「伝奇」「ミステリ」の面白さ

“怪異”にまつわる奇想天外な事件が巻き起こる本作は、「恋愛×伝奇×ミステリ」の3要素が掛け合わされた新感覚のミステリです。そこで、それぞれの要素に分けて、本作の魅力を探ってみましょう。

「恋愛」…デコボココンビの絶妙なバランス

“知恵の神”である琴子と、妖怪から恐れられる九郎のコンビは、これ以上ないほどお似合い(ですよね?)。かたや頭脳派、かたや武闘派と役割分担もバッチリです。登場時の九郎は紗季と付き合っていましたが……。
おそらく琴子以外の“人間”で、九郎と対等に付き合える女性はいないでしょう。

また、ビスクドールのような琴子が見た目とは裏腹に押せ押せの積極派でオヤジくさいところがあるのに対し、九郎の態度は冷静そのもので、セクハラオヤジをあしらうクール美女のようです。このあたりのデコボコ感も、頭を使うミステリ的な展開の中にほっこりとした空気をもたらしています。しかし、一見琴子に冷たい九郎が、実は彼女を大事に思っていることがわかり……。

クーデレ九郎©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

なんて玄人好みのクーデレなんでしょう。とてもいいです、とてもいい。

また、6巻の終わりには、琴子の名字である「岩永」をきっかけに、日本神話に登場する「イワナガヒメ」に関する二人の会話が描かれます。唐突に天然タラシなセリフを吐く九郎……不意打ちの胸キュンシーンは必!見!です!!

「伝奇」…物語の鍵を握る“怪異”

伝奇とは、「奇」妙なものや不思議なことを「伝」えるお話、つまり空想的・怪奇的な物語のことをいいます。現代の有名な作品では半村良先生の『石の血脈』といった伝奇ロマン小説、菊地秀行先生の『夜叉姫伝』といった伝奇バイオレンス小説があり、ほかにも「伝奇SF」「伝奇ホラー」「伝奇ファンタジー」「伝奇ミステリー」など複数のカテゴリが存在する人気のジャンル。

原作者の城平先生が、9つの“怪異”の物語から成る江戸時代の『雨月物語』から着想を得たという本作(※これだけですでに面白さが期待できる)にも、さまざまな“奇”が登場します。知れば知るほどワクワクゾクゾクする怪異たちを、ピックアップしてご紹介。

“マーメイド”の優雅なイメージはお捨てください──人魚

アンデルセンの童話などで知られる人魚といえば、長い髪に美しい面立ち、尾びれを翻して優雅に泳ぐイメージ。しかし、今作に登場する日本の人魚は、うねる黒髪から角を生やし、おどろおどろしい雰囲気に満ちあふれています。

人魚©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

このイラストは約220年前、江戸時代に描かれた絵を基にしています。人魚の肉を食べると不老不死になる、姿を変化させる、真珠の涙を流すになるなど驚きの伝説があり、いにしえの時代より日本人の想像&創造力をかきたてる存在だったようです。

九郎のセリフにもある「八百比丘尼」は人魚の肉を食べて何百年も生きたという伝説を持ち、手塚治虫大先生の傑作『火の鳥』(手塚プロダクション)などにも登場。また、大人気の『名探偵コナン』(小学館)28巻にも、不老不死の人魚伝説が絡んだ「そして人魚はいなくなった」という回が収録されていますので、読むとさらに理解が深まるはずです。

本作のカギを握る怪異──くだん

「人」を表すにんべんに「牛」と書いて「件(くだん)」。人間の頭部と牛の体を持つ逆ケンタウロスのような妖怪で、災害や凶事が起こる際に現れ、未来を予言し必ず的中させると言われています。妖怪漫画の金字塔『地獄先生ぬ〜べ〜』(集英社)第93話(ビッグボリューム版第7巻)にも登場し、ぬ〜べ〜が担任するクラスの女子・法子の死を予言しました。

くだん©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

江戸時代以降に西日本を中心に多数目撃されており、日露戦争や疫病、第二次世界大戦の敗戦を予言したとか。なんと阪神・淡路大震災や東日本大震災の前にも目撃談があったそうです。今後もどこかでくだんの目撃情報が得られるかも!?(吉報を予言してもらえますように!)

『古事記』に名のある知恵の神──クエビコ

クエビコ©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

世のことをよく知る一本足の神様。カカシとも繋がりがあるとされ、学業・知恵の神、または田の神として、石川県の久氐比古神社や奈良県の大神神社にある末社・久延彦神社などで祀られています。

一本足という特徴のほかに、一つ目の者も神あるいは神に近い存在として扱われていました。どちらの特徴も持つ琴子は、まさに神そのものなのです。

琴子たちを翻弄するアイドルの亡霊──鋼人七瀬

鋼人七瀬©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

細い体に大きな胸、顔のないミニスカートの女性が鉄骨を振り回すという、今作のオリジナル怪異。その正体は鉄骨の下敷きになって死んだアイドル・七瀬かりんの亡霊と「噂」されています。なお、七瀬かりんの声は上坂すみれさんが担当することが決まっています。わくわく。

ここで注目したいのが「噂」というキーワード。チベット密教に、修行により“無”から霊体を人為的に作り出す「タルパ(トゥルパ)」と呼ばれる秘奥義があるのをご存知でしょうか? 現在はこの「“無”から人為的に作られた霊体」として知られているケースが多いようで、ふみふみこ先生の『人工精霊タルパちゃん』(講談社)でもさまざまな姿のタルパが登場します。

鋼人七瀬の都市伝説にも根拠の“無”い話=「噂」が大きく関わってきます。どんな関わり方をするのかは……ご自分の目でご確認ください!

上記で紹介したほかにも、カッパや水神(大蛇)など、個性的な(?)怪異たちが多数登場。

河童©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

民俗学に興味のある方も楽しめるはずです。

「ミステリ」…ルール無用の論理合戦

最初に断言します、今作はいわゆる“正統派”のミステリ、では、ありません! 琴子が霊体や怪異との会話によって真実を簡単に知られること、九郎や六花の持つ能力がチートすぎること、そして、琴子の推理の内容が“虚構”であること(どういう意味かはご自分の以下略)。これらの理由により、ミステリ=謎解きであるとする読者から「アンチミステリ」の声が上がり、一部で議論が起きたほどです。

©城平京・片瀬茶柴 / 講談社

実際、破天荒な展開には登場人物も呆れ顔。

しかし、それはあくまで今作の特徴なだけで、本質は論理、反駁、それに対する反論……とあくまでロジカル。特に鋼人七瀬編の推理パートにおける論理と論理の壮絶なぶつかり合いは、数種類の謎を雪だるま式に解き明かすミステリ的な面白さがあります。ミステリとは何か、考える前にまずは一度読んでみてほしいです。

終わりに

恋愛漫画=面白い。
伝奇漫画=面白い。
推理漫画=面白い。
つまり、全ての要素が絶妙なバランスで絡まり合った本作が、面白くないわけがないのです!!(証明終了)

アニメ版も放映が始まりました。ルール無用の“虚構”の世界がどう表現されているのか、原作を読んでから楽しむもよし、まずはアニメから観て原作は後から楽しむもよし。ジャンルの垣根を飛び越える独特の世界をあなたもぜひ体験してください!

虚構推理BookLive!で購入する
『虚構推理』 1~11巻 城平京 / 片瀬茶柴 / 講談社

『虚構推理』を試し読みする

関連ページ

アニメ「虚構推理」公式サイト

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

読めば熱くなる!今読んでほしいおすすめラグビー漫画8選!
『ダーウィンズゲーム』とは? 読み出すと止まらない極限異能力バトル【ネタバレ注意】
ユース世代を描くサッカー漫画『アオアシ』を徹底解説!【ネタバレ注意!】
おすすめ忍者漫画11選【シリアスからギャグ、ラブコメまで】
再ブレイク(?)で話題沸騰!蛭子能収の漫画に学ぶ人生哲学
宇宙飛行士から天文部まで!ロマンあふれる宇宙漫画おすすめ9選