ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

異星人が猫の可愛さにメロメロ『カワイスギクライシス』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『カワイスギクライシス』バナー

今回は『カワイスギクライシス』をレビューします。地球の調査に来た異星人が、初めて遭遇した猫の可愛さにメロメロになる作品です。著者は城戸みつる(きど・みつる)さん。集英社「ジャンプSQ.」で連載中。4月に単行本1巻が出たばかりです。

『カワイスギクライシス』作品紹介

『カワイスギクライシス』書影

BookLive!で読む
『カワイスギクライシス』1~巻 城戸みつる/集英社
『カワイスギクライシス』を試し読みする

本作の主人公はリザ。異星人です。外見は地球の女性風ですが、頭に2つ角っぽい突起があります。地球を調査に来たものの、人類の文明レベルが低いから、滅ぼしてしまおうと考えるような、ちょっと過激で危ないやつです。ところが、同僚から休憩を勧められ、たまたま入ったのが猫カフェだったのが運の尽き。猫のあまりの可愛いさに、ハートをわしづかみにされてしまいます。

腰が抜けたり、吐血したり、失神してしまうリザ。可愛い過ぎて、命が危ないくらいの勢いです。リアクションが過剰で、異常で、可笑しい。優秀なはずの彼女は、あっというまに腑抜けになってしまいます。地球の生命は猫の可愛さによって、異星人に滅ぼされる危機を免れるのです。めでたしめでたし(終わってません)。まあ、猫は可愛いですし、可愛いは正義なのです。

そんなリザは、衰弱した捨て猫と運命の出会いを果たします。そういえば私が昔飼っていた子も、捨て猫でした。ダンボール箱に入れられ、こっちを見上げて必死で「ニャー」と鳴く姿。気がついたら、後先考えずに連れ帰っちゃったのを思い出しました。心を奪われるというのは、ああいうことなのか。猫の可愛さに我を忘れるリザの姿が、他人事とは思えません。

うちの子がいちばん可愛いって、自慢したくなる気持ちもわかります。当時、SNSはまだ無かったころですが、自分のホームページに猫の写真、ばんばんアップしてましたから。もしいま猫を飼ったら、毎日Twitterに「うちの子が可愛い」って投稿してるんだろうなあ。容易に想像できてしまいます。

……とまあ、私はどちらかといえば猫派なのですが、犬を飼っていたこともあります。そして本作にももちろん、犬も登場します。犬派も納得。猫も犬も、可愛いですよね。他にも、ハムスターとかハリネズミとか、いろんな可愛いが登場します。可愛いは正義だ! 可愛いは世界を救うのだ!!

新型コロナウイルス感染症により巣ごもり生活が続き、苛立たしいニュースばかりの毎日に、気持ち安らぐ「可愛い過ぎる」清涼剤。異星人の過剰なリアクションに、ペットの魅力を再認識できる作品です。疲れた脳も、リセットできますよ。

『カワイスギクライシス』書影

BookLive!で読む
『カワイスギクライシス』1~巻 城戸みつる/集英社
『カワイスギクライシス』を試し読みする
『カワイスギクライシス』のレビューページ

関連ページ

【ねこ好き必見】最高に可愛くて癒される!おすすめ猫漫画19選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

#ハッシュ本 まとめ②「5kg分の本」がもらえるなら何がいい?【三省堂書店×BookLive!】
田中圭一×甘詰留太先生インタビューこぼれ話|「わが生涯に一片のコマあり」第10回
語り合える友達が欲しい『木根さんの1人でキネマ』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
梶裕貴さんへインタビュー「BookLive! Presents 教えてあなたの#キッカケマンガ」第4回
家に居るときゃ二頭身。『干物妹!うまるちゃん』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
人外と少女の絆を描く『魔法使いの嫁』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー