ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

『来世は他人がいい』バイオレンス極道ラブコメの魅力を徹底解説!【ネタバレ注意】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『来世は他人がいい』バナー

「次にくるマンガ大賞2018」コミックス部門1位、「このマンガがすごい!2019」オトコ編8位と、マンガ好きの熱視線を集めている『来世は他人がいい』。前作『春の呪い』(一迅社)で「このマンガがすごい!2017」オンナ編2位を獲得した小西明日翔先生の最新作です。
倫理観が大崩壊したアクの強い登場人物たちが繰り広げるスリリングなドラマ、そして主人公・吉乃を巡る恋模様が楽しめる超エンタメ作! ぶくまる書店員がその魅力を徹底解説します。

また、リンク先の電子書籍ストアBookLive!では、新規入会者限定の50%OFFクーポンを差し上げています。気になった方はご利用ください!

※当記事に記載の内容は全て「ぶくまる編集部調べ」です。また、当記事にはネタバレを含みます。

『来世は他人がいい』の作品紹介

『来世は他人がいい』書影作品の詳細を見る

『来世は他人がいい』のあらすじ

関西最大の指定暴力団・四代目桐ヶ谷組直系染井組・染井蓮二組長の孫娘、染井吉乃と、関東最大の指定暴力団五代目砥草会直系深山一家・深山萼総長の孫息子・深山霧島の婚約、ひいてはその婚約による両組織の和睦が週刊誌にすっぱ抜かれる。しかも、その情報を流したのは吉乃の祖父・染井蓮二その人。

「寂しいお前のためにお膳立てしたろうと思ってワシが相手探してきたったんや!」

と悪びれる様子もない蓮二に押されて、東京の深山家を訪れることになった吉乃。年頃の男女がひとつ屋根の下で暮らすラブコメの始まりかと思いきや、“婚約者”深山霧島はとんでもない男だった……!

『来世は他人がいい』の登場人物たち

『来世は他人がいい』相関図

染井吉乃

『来世は他人がいい』染井吉乃

関西最大のヤクザの家で育ったわりには常識人(?)な女子高生。破天荒な祖父・蓮二に押し負ける形で、深山家に居候することになる。若い頃の蓮二にそっくりで美人だが、派手な顔立ちのせいで中学生のころから「梅田のホステス」「バツイチ子持ち」などと呼ばれていた上に、同性から嫌われがち。

『来世は他人がいい』染井吉乃

見た目に反して男慣れしておらず処女。最初は霧島の外面にほだされかけるも、その本性を知ってからは、彼の奇行に振り回されながら殺意を必死にこらえる日々を過ごしている。
名前の元ネタと考えられる桜の一種・ソメイヨシノの花言葉は「純潔」「優れた美人」。そして、桜全体の花言葉は「精神の美」「優美な女性」「純正」と、真っすぐな吉乃の性格を言い当てているよう。吉乃以外にも植物にちなんだ名前のキャラクターは多く、その理由を深堀りしたくなってしまいます。

深山霧島

『来世は他人がいい』深山霧島

関東最大のヤクザ組織・深山一家総長、深山萼の血のつながらない孫(本当は大叔父と大甥の関係)。表向きは文武両道の爽やかな好青年を装っているが、本性は他人に興味がなく、目的を果たすためなら手段を選ばない根っからの危険人物。背中一面に虎の和彫りが入っている。

『来世は他人がいい』深山霧島

わがままな女に振り回されるのが大好きという歪んだ性癖の持ち主で、一時は吉乃の常識人ぶりにがっかりしてデリヘルに売り飛ばそうとしたが、吉乃の本性を知ってからは、

『来世は他人がいい』「俺の人生メチャクチャにして」のシーン

「俺の人生メチャクチャにして」

とべた惚れに。
名前の「ミヤマキリシマ」は真っ赤な花をつけるツツジの一種で、赤いツツジの花言葉は「燃える思い」「燃え上がる恋」。これは吉乃に対する気持ちを暗示のように思えます。
また、ツツジ全体の花言葉は「自制心」「節制」「努力」「訓練」。一見、霧島に似つかわしくない言葉ですが、「我慢するの得意」「お預けくらうの大好き」という本人の発言もあるので、当たらずとも遠からず……? 「努力」「訓練」は今のところピンとこないが、あの強さの源が努力や訓練の賜物なのかもしれない。

鳥葦翔真

『来世は他人がいい』鳥葦翔真

中学3年のころに酔っ払って蓮二に喧嘩を売って、そのまま染井家に引き取られ、吉乃と兄弟同然に育つ。現在は京都の大学に通っている。染井家に来るまでは、母親を亡くして親戚をたらい回しにされたあと、養護施設に入るなど、家庭環境が安定しなかった。
同名の植物「トリアシショウマ」は白く繊細な花を咲かせる多年草で、花言葉は「来福」。吉乃のためなら殺人も厭わない、薄幸オーラ漂う翔真ですが、いつか花言葉の通り幸せが訪れるのでしょうか。

明石潟 椿

『来世は他人がいい』明石潟 椿

大学進学を機に京都から横浜に引っ越してきた吉乃の従姉妹で、色白、黒目がちな瞳、黒髪ストレートの美人。蓮二のことを崇拝していて、蓮二によく似た吉乃のことも大好き。母親の交際相手が“医療界のヤクザ”と呼ばれる医療法人の理事で、そのツテを使って吉乃の腎臓摘出に関わった。
「明石潟」は赤い花を咲かせるツバキの品種名で、赤いツバキの花言葉は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」。優しげな花言葉を持つツバキだが、花が丸ごと落ちることからお見舞いには禁物の花ともされている。病院と繋がりを持つ椿がその名を持つのは皮肉な気がするが、何か意味が込められているのかもしれない。

布袋竹人

『来世は他人がいい』布袋竹人

染井組構成員。早くに親を亡くして祖父のもとに引き取られた吉乃の(ほぼ)育て親。20代前半の頃に、「年の離れた妹がいるから」という理由で吉乃の世話を任される。
目つきは悪いが世話好きでマメな性格で、吉乃を立派に育て上げた。
名前は釣り竿によく使われる竹・「ホテイチク」にちなんでいて、竹の花言葉は「節度」「節操のある」。小西先生が「作中随一の普通の人間」と評する布袋にぴったりの言葉だ。

染井蓮二

『来世は他人がいい』染井蓮二

吉乃の祖父で、四代目桐ヶ谷組直系染井組組長。吉乃が深山家にやってくるきっかけを作った張本人。関西ヤクザで唯一、関東の大物が集まるに親睦団体「関東剛友会」に参加するなど、東西協調路線を取ろうとしているように見えるが、その本心は果たして……。霧島と直接やり取りするなど、なにか企んでいる様子も伺える。
深山萼とは若い頃からの友人で、兄弟盃を交わしている。

深山萼

『来世は他人がいい』深山萼

霧島の大叔父で五代目砥草会直系深山一家総長。若いときの姿は霧島に生き写しのイケメンだが、写真嫌いなのであまり残っていない。下戸。

『来世は他人がいい』の魅力・見どころを徹底解説!

【個性派揃いのキャラに萌える!】

何を考えているか分からない! 霧島のモンスターぶりに萌える!

『来世は他人がいい』霧島のモンスターぶり

激昂するでもなく普通のテンションのまま、容赦ない暴力を振るうなど、ナチュラルボーンヤクザぶりが恐ろしい霧島。危険にさらされるのが大好きな破滅主義者で、東西の抗争が起きることを望んでいるフシも。笑顔で人を殺してしまいそうな狂いっぷりにシビレます……!
小学5年のときに同級生と上級生合わせて20人、体中の骨をへし折るという暴行事件を起こし、深山一家に引き取られたという恐るべき過去を持つ男。

『来世は他人がいい』霧島のミステリアスな一面

グラビアアイドルの彩乃をはじめセフレがいっぱいいるよう。しかし、みんなどこまでこの男の本性を知っているのか……。

他にもまだまだ何かを隠していそうなミステリアスさに惹かれます。

『来世は他人がいい』霧島のミステリアスな一面

絵文字みたいな嘘くさい笑顔が怖い(^^)。

プライドのためなら命を張る。極道の女・吉乃が怖かわいい!

普段は常識人で蓮二や霧島に振り回されがちな吉乃ですが、その根っこは蓮二の血を色濃く継いだ“極道”。

『来世は他人がいい』吉乃が怖かわいい!

渋谷の路地裏で霧島に「役立たず」と罵倒されたり、学校で嫌がらせをされたりして、大阪に帰りたくなるも、「このまま帰ったら負けだ」と腹をくくると……。

『来世は他人がいい』吉乃が怖かわいい!

腎臓を売って400万を工面し、その覚悟を見せつける。そしてこの啖呵!

『来世は他人がいい』吉乃が怖かわいい!

かっこよすぎるーーーー! が、この人も霧島に負けず劣らず狂っていらっしゃる……。吉乃は霧島を「頭おかしい」「おんなじ人間とは思われへん」と言うが、霧島の横に並べる女は吉乃だけだと思います。

吉乃の義兄弟・翔真の忠犬ぶりが尊い!

『来世は他人がいい』翔真の忠犬ぶりが尊い!

1泊分の荷造りをするのもめんどくさがるような性格なのに、吉乃のためなら京都の下宿から大阪の実家に行ってアルバムを探し、東京までやって来るという忠犬の鑑のような翔真。

『来世は他人がいい』翔真の忠犬ぶりが尊い!

吉乃以外は何も必要ないと言いかねない狂気すれすれの忠誠心、自分を粗末に扱うクセが染み付いた薄幸さが女性ファンの心を掴んで離さない……!

吉乃との出会いのエピソード『二人は底辺』(一迅社)は小西先生のデビュー読み切り作品。翔真ファンなら必読です!(というか、これを読んでしまうと翔真吉乃ルートを全力で応援したくなってしまうのですが、いいのでしょうか……?)

極道✕極道。祖父世代の関係が気になる!

『来世は他人がいい』祖父同士の絆

若い頃からの盟友で、兄弟の盃も交わしている2人の祖父・蓮二と萼。写真嫌いの萼の、10枚だけある若い頃の写真全てに蓮二が写っていることからも、その仲の良さが伺える。
しかし過去に、桐ケ谷組(染井組の本家)と姫虎尾会(剛友会加盟の老舗組織)が兄弟盃を交わした際には、そのつながりを足がかりに東西で大きな抗争が起きている。そのため、今回の盃にも何か裏の思惑があるかもしれない。どれだけ仲が良くても裏切りのリスクがつきまとう、極道同士のヒリヒリした関係がたまらない!

先読み不可能な霧島吉乃カップルに翻弄されたい!

吉乃は「惚れさせてから捨ててやる」という復讐心、霧島は「自分の人生をメチャクチャにしてほしい」という被虐心と、色恋とは程遠い感情で結ばれている2人。1巻ではラブコメが始まる可能性ゼロだったものの、話が進むにつれて、

『来世は他人がいい』霧島吉乃カップル

吉乃の離れに忍び込んだ霧島が、無言で寝顔を見守りながら髪の毛を三つ編みするという間違った方向ながらも、彼らしくない健気さを垣間見せたり(きっかけがセフレの言葉というのが最低ですが)。

『来世は他人がいい』霧島吉乃カップル

夜中に高熱を出した吉乃を、霧島が夜間病院に連れて行ったりとラブいイベントが発生。これはキュンとせざるを得ない――!
これからどうなってしまうのか全く先が読めない2人の関係に翻弄される感覚が気持ちよくて、クセになりそうです。ラブコメしちゃうの? どうなの!?(はあはあ)

「狂 気 に 震 え ろ」迫力満点のコマ割りに魅せられる!

吉乃の格好良さや霧島の怖さを引き立てる小西先生の大胆なコマ割りも本作の大きな魅力。

『来世は他人がいい』大胆なコマ割り

吉乃が殴られたことに激昂し、相手の眼球をフォークでぶっすりやる霧島。

『来世は他人がいい』大胆なコマ割り

さっき買ったばかりのドライヤーと酒瓶を武器に、半グレの男を殴り倒す。

こうして並べてみるとつくづくお似合いな2人。
今のところ吉乃と霧島のシーンが多いが、翔真や祖父世代、さらには布袋さんなど、他の登場人物たちの啖呵も見てみたい!

【言葉へのこだわりに萌える!】

標準語男子✕方言女子のギャップに胸キュン

「郷に入れば郷に従え」という蓮二の教えから、東京に来る前にみっちり標準語を仕込まれたため、普段は標準語で話している吉乃だが、本気でキレると関西弁に。

『来世は他人がいい』方言萌え

翔真や蓮二らと、関西人同士で話すときももちろん関西弁。

『来世は他人がいい』方言萌え

京都出身の従姉妹・椿と霧島との3人で遊んだときは、関西弁と標準語が入り乱れる話し方。これ、関西人と関東人とで遊んでいるときあるあるです(筆者は大阪出身・東京9年目)。
そして、最初は霧島と標準語で会話していた椿が、あるタイミングで京都弁で話し始める。そのタイミングも意味深で、方言の使い分けへのこだわりが伺えます。

『来世は他人がいい』方言萌え

また、霧島の綺麗な標準語が吉乃の荒々しい関西弁と対照的で、霧島の静かな狂気、吉乃の獣性の発露が互いに引き立てられている。

意味深なタイトルに妄想が掻き立てられる!

そもそも「来世は他人がいい」というタイトルが良い。良すぎる。「来世は他人がいい」ということは、現世では他人でいられない関係に発展すること、そして、他人でいたかったと願うような悲劇的な何かが起きることを予感させる。さらには、2人の現世が終わることで、物語が終焉を迎えるというバッドエンドの可能性も。タイトルの解釈談義だけで一晩飲み明かせそうです!
また、各話タイトルにも要注目。東京にやってきた吉乃の奮闘を描いた1〜2話「負け犬に出る幕はない」は吉乃の闘志が、霧島の心が吉乃に一気に傾いた3〜5話「誠意を見せたい。あわよくば少し好きになってほしい」は霧島の吉乃への思いが表れているよう。
そうやって解釈していくと、吉乃と霧島が祖父世代の過去を振り返り、関東豪友会の会合の様子を描いた7話「拳で殴らず笑顔で脅す」は、誰が誰を笑顔で脅しているのか。ほのぼの回に見える7話が、一気に不穏な空気を帯びてきます。

『来世は他人がいい』読者の声

「すごい」
本当に毎回この作家さんには度肝を抜かれる!お決まりのパターンに飽きた人は間違いないです(///∇///)

「春の呪いも面白かったけど」
この作品も本当に面白い
主人公は真っ直ぐで読んでて気持ちいいし
霧島はネジぶっとんでるし今後くっつくとしてもくっつかないにしても最高にいいキャラ

2話の霧島が前評判通り最低だった。1年後にこっぴどく振ってほしい。春の呪いとは全然違うけど、これも面白い。

Webの試し読みの時点で相当なインパクトがあった。爽やかな好青年に見えて底の知れない男・霧島に振り回される女子高生の吉乃の話……かと思いきやそれだけではない。まさかの展開で二度見してしまった(笑)。まだ一巻なので、この先より振り回されるのはどちらになるだろうか。楽しみである。

前作「春の呪い」が好きで、こちらも手に取りました。
シリアスとギャグのバランス、ハッとさせられるキャラクターの表情、どう転がるかわからない話の展開に今回も巻き込まれました。早く続きが読みたい!!

終わりに

絶対敵に回したくない美しすぎる極道女子高生と、ドSでドMなイケメン高校生ヤクザ、そして彼らを取り巻く陰謀の香り――これでもかというほどにドラマと萌えが詰め込まれている上、深堀り考察も捗る本作。4巻以降は大人たちの思惑も明らかになってくる予感が。主要人物が出揃った今こそ読みどきです!

『来世は他人がいい』書影作品の詳細を見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

書店員厳選!ラノベ原作のおすすめ異世界漫画9選
原作ファンも納得の漫画化! おすすめのラノベコミカライズ作品20選
原作ファンも納得の漫画化! おすすめのラノベコミカライズ作品20選
【作中の名曲も完全解説!】 孤高のジャズ群像漫画『BLUE GIANT』で踏み入れる“魅惑のジャズ・ワールド”
バイクネタも楽しめる!可愛くてかっこいい「バイク女子」マンガ4選
書店員推薦!おすすめ歴史漫画26選【歴史漫画年表つき】
きゅんかわ!絶対押さえておきたい男の娘漫画おすすめ13選!