ぶくまる – 書店員おすすめの漫画・本を紹介!

書店員が選んだ「本当に面白い漫画・本」をご紹介!

高校演劇に青春を燃やせ!『まくむすび』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

高校演劇に青春を燃やせ!『まくむすび』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー

今回は、『まくむすび』をレビューします。マンガをずっと描いてきた少女が、高校入学とともに演劇の世界に引きずり込まれていくお話です。著者は保谷伸(ほたに・しん)さん。徳間書店「コミックゼノン」からマンガ家デビューし、これまで『キミにともだちができるまで。』(全5巻)、『マヤさんの夜ふかし』(全3巻)などの作品を世に送り出してきました。本作は「週刊ヤングジャンプ」で今年の3月から連載を開始、この7月に1巻が出たばかりですが、8月中旬にはもう2巻が出るそうです。

週刊ヤングジャンプ公式サイト

ヤンジャンTVの公式PV

『まくむすび』作品紹介

『まくむすび』

『まくむすび』 1巻 保谷伸/集英社
『まくむすび』を試し読みする

たった一言で世界は変わる

本作の主人公は土暮咲良(つちくれ・さくら)。高校へ入学したばかりの1年生です。彼女は小さなころからマンガを描き続けていましたが、友人に見せたときの

ぜんぜんわかんないや

という一言に傷つき、描いたマンガを誰にも見せられなくなっていました。発した本人にはまったく悪気がない、しかし、受け取る側には重い重い一言で、楽しかった創作の世界が暗転してしまったのです。

高校に入り「変わろう」と決意し、創作活動を諦めようとしていた彼女は、処分するはずだった創作ノートを間違えて学校へ持ってきてしまいます。そのノートが偶然、演劇部の先輩の目に留まったのが運の尽き(?)でした。先輩はそのマンガを無断でアレンジし、新入生歓迎会の部活紹介で演じてみせたのです。

なんで私の作品をあんなことに使ったんです!

と先輩を詰問する彼女は、

漫画としてはとても読めたものじゃないが
だが…
素晴らしい戯曲だった
ありがとうこんな素敵な世界を綴ってくれて

という先輩の一言によって、再び創作の世界へ足を踏み出していくことに……いや、最初は拒絶していたのです。が、ノートを返してもらうために体験入部し、つい即興演劇をやってしまい、創作の楽しさを思い出しかけ……それでもなお彼女は、入部を躊躇していました。

演劇は誰かにやらされるもんじゃないと思うから

などとうそぶいていた先輩が、放課後の教室まで押しかけ教壇で「ロミオとジュリエット」を演じ始めるまでは。結局、彼女は創作の世界に魅了され、先輩に手を引かれ、演劇部へ入部することになるのです。嗚呼、これぞ青春。

自分の表現がだれかに喜ばれるということ

先輩が彼女を勧誘する際に語っていたとおり、なにかを表現することは実は恐ろしいことです。それは創作に限った話ではありません。私自身、大勢の前に立たされ、大勢の視線に晒され、声が出なくなり、頭が真っ白になった経験が何度かあります。

また、表現することによって、誰かを傷つけることもあります。怒りを買うことも。誤解を生むことも。嫌われることも。そして、辛辣な批評をぶつけられることも。逆に、喜ばれることも、感謝されることもあるのです。

しかし、本作の主人公が高校に入るまで描き溜めていた創作ノートの山のように、誰にも見せずにいたらそれは存在しないのと同じこと。「好き」の反対は「嫌い」ではなく「無関心」だという言葉があります。同じように、表現という行為で一番辛いのは、誰からも反応が得られない、無関心な状態であることだと、私は思うのです。

自分の表現が、いつも良い反応を得られるとは限りません。それでも私は、自分の表現がだれかに喜んでもらえたらいいなと思いながら、今日もキーボードを叩くのです。

『まくむすび』

『まくむすび』 1巻 保谷伸/集英社

『まくむすび』を試し読みする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こちらもおすすめ

人外と少女の絆を描く『魔法使いの嫁』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
黒い幽霊と死なないヒトが人間を蹂躙する『亜人』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
戦時下であっても日常は続く『この世界の片隅に』感想解説|鷹野凌の漫画レビュー
田中圭一がおおひなたごう先生に直撃インタビュー!メイキング動画も公開|「わが生涯に一片のコマあり」第19回
本好きが考える「紙本」「電子書籍」のメリットは?【三省堂書店×BookLive! #ハッシュ本 まとめ⑬番外編】
『きのう何食べた?』の「超簡単ローストビーフ」を作ったよ!|メガネ男子の漫画メシ 第1回