シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵-電子書籍

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と青の公爵

作者名 :
三川みり
通常価格 518円 (税込)
紙の本 [参考] 534円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

※こちらの作品は、BookLive!Reader ver2.3.0以降でご覧いただけます。

作品内容

ハイランド王国の冬。王家が認める、幸福をもたらす砂糖菓子の作り手=銀砂糖師を目指す少女・アンは、宿代にも事欠く貧乏っぷり。子爵のヒューに才能を買われ、城で修行しないかと誘われるけど、自分の力でがんばるため断ることに。そんなとき、フィラックスを治めるアルバーン公爵が、望み通りの砂糖菓子を作った者に破格の報酬を出すと知り……!? 大反響を呼んだ、第7回小説大賞受賞作、待望の第二弾!!

ジャンル
出版社
KADOKAWA / 角川書店
掲載誌・レーベル
角川ビーンズ文庫
電子版発売日
2012年10月26日
紙の本の発売
2010年08月
コンテンツ形式
EPUB

新刊通知

この「作品」/「作者」の新刊が配信された際に、メールでお知らせいたします。

ユーザーレビュー

Posted by  Booklog 2015年08月29日

一気読みしてしまった。国の仕組み、砂糖菓子を作る過程、そして登場人物の心の揺れ動きが丹念に書かれていて、夢中になる。
アンとシャルが互いへの想いに気付く(シャルはまだ疎い感じですが)のがじっくり書いてあり、人を好きになる気持ちを思い出させてくれる。
再登場のジョナスはさらに落ちぶれたなと思ったけど、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2015年06月09日

目前整體的評價還不錯!
(是說2本字數都好少啊... 有沒有到死神姬的 2/3 !?)
青公爵篇是~超年幼還要養2個妖精XD
而時間上進入冬天~超冷無法野宿~(評鑑會是秋天)
於是開始為了賺高額獎金而賣身(XD!?)

這麼說~女主角的父親~算是遙遠當備案的舖梗嗎~?

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2014年06月13日

第一巻が面白かったので早速第二巻を読んだ。また泣いた。ううう。今回の銀砂糖菓子が読むだけですごく綺麗だというイメージが伝わってくる。しかも公爵の想いに本当に感動した。最後の最後幸せを手に入れたようで、祝福したい。アンにありがとう。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2014年05月12日

前巻で銀砂糖師にはなれなかったアン。せっかくのヒューのお誘いも断っちゃって、ラドクリフ工房の方々から嫌がらせもされちゃって、でもそんなのにも負けずにがんばるアンはかわいいなぁって。やっぱり、猪突猛進しない、がんばる女の子は好きです。

毎回タイトルに色が付いた誰かが出てくるけど、今回の「青の公爵」は...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by  Booklog 2014年02月07日

何て軽い読み物! こんなすぐ読み終わるとは!

アンとシャルとミスリルの3人の本当の旅がスタートかと思ったら半分は室内に籠ってたね・・・でも砂糖師なら、旅ばっかしてられないか

失った妖精の形を求め続けるアルバーンの狂気具合が少し怖かったなぁ
それにしても砂糖菓子ってどうなってんの? 等身大のサイズ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで30万冊以上が手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play

×

あなたが興味を持った作品を
みんなに紹介しませんか?

×

あなたが興味を持った作家さんを
みんなに紹介しませんか?