小学館 - 赤目 一覧

  • 赤目
    完結
    3.5
    全1巻462円 (税込)
    ▼第1部▼第2部●登場人物/松造(力も才能もない農夫。妻を信平に殺され復讐心に燃える)。妙(松造の妻)。伊予守信平(横暴な領主。農民のことは人とも思っていない)。 ●あらすじ/永禄年間、領主の伊予守信平は横暴と搾取の限りをつくしていた。松造の身重の妻・妙は、「腹の中の赤子の様子を見てみたい」という理由で信平に殺される。追いつめられた農民たちが起こした一揆も悲惨な終末を遂げ、松造もけがを負い、倒れていたところを忍者に拾われる……(第1部)。▼信平の圧政は続いていた。食糧不足で騒動が起こることを見越した信平は、罪のない娘たちを虐殺して農民たちを怒らせ、農民たちが一揆の相談に集まったところを一網打尽にしてしまう。怒り嘆く農民たち。そこに、「この悲劇は、罪もない兎を殺した呪いだ」と説く僧が現れる(第2部)。
  • アイショタ トゥウィンクリングメモリー 1
    -
    限られた時間を精一杯輝く少年たちの物語。 アイドルが人々に希望を振りまく時代。その輝きは、まだ幼い少年達にも届いていた。 心に傷を負った少年・桜良刹那(さくらいせつな)は、ひょんな事からアイドルのライブを見学し、その輝きに触れる。 ファンの心を輝かせるアイドルの姿に憧れた刹那は、夢を叶えるべくアイドル事務所のオーディションを受けることにするのだが――! ?これは、限られた時間を精一杯輝きたい、僕らの物語。
  • ふたがしら 1
    完結
    4.0
    時は江戸時代。盗みを生業とする赤目一味の頭目・辰五郎の死に際に立ち会った弁蔵と宗次。 辰五郎はふたりの手を取り「一味のこと、まかせた」とだけ言い残し、息を引き取った。 しかし、ふたり以外に証人のいないこの遺言、結局跡目に据えられたのは頭目の弟分・甚三郎だった。 姐さんによるこの采配に納得いかないふたりは、一味を去ることに。 どこまでも向こう見ずな男・弁蔵と、冷たい眼差しの中に何かを秘めている宗次。 あての無い旅ふたり旅、でっかいことをなしとげに出立したはいいが、行く先々で騒動が…!? 『さらい屋五葉』のオノ・ナツメが描く、新感覚江戸活劇!

最近チェックした本