特捜戦隊デカレンジャー一覧

非表示の作品があります

  • スーパー戦隊 Official Mook (オフィシャルムック) 21世紀 vol.4 特捜戦隊デカレンジャー
    -
    「スーパー戦隊」21世紀作品の魅力を集めた大全集マガジン。今号は、大ヒット作品「特捜戦隊デカレンジャー」を特集!◎スタッフ&キャストインタビューさいねい龍二(デカレッド/赤座伴番役)、永徳(アクション)、松村文雄(撮影)、塚田英明(プロデューサー)◎3大連載 玩具大研究、デザインブラッシュアップ、サウンド秘史◎特集 スーパー戦隊、ダンスの変遷 ほか※電子版では紙の雑誌と内容が一部異なる場合や、掲載されないページがあります。※電子版には付録は付きません。

    試し読み

    フォロー
  • 特捜戦隊デカレンジャー超全集 <上巻>
    -
    SPD、スペシャルポリスデカレンジャー。燃えるハートでクールに戦う五人の刑事が、きみの元へ帰ってきた! 2004年から2005年放映のスーパー戦隊シリーズ第28作。タイトルどおり刑事ものの戦隊だが、舞台は異星人との交流が普通に行われている近未来で、デカレンジャーを指揮する宇宙警察地球署長は犬の顔をした宇宙人だった。いわゆる昭和の熱血刑事ドラマをオマージュしたような演出が随所にちりばめられ、犯人としてアリエナイザーと呼ばれる宇宙人たちが登場するのだが、見かけに反して妙に人間臭い犯罪者が多かった。この上巻では1話から26話までのストーリーとキャラクター、メカのビジュアル図解、通常の戦隊シリーズにくらべて圧倒的に登場数の多いアリエナイザーと、一般市民としての宇宙人たちの図鑑も必見だ。よいこのお兄さんたちには、イエロー役の木下あゆ美、ピンク役の菊地美香のちょっと大きめなストーリービジュアルがおススメです。 底本総ページ数78ページ、フィックス型EPUB62.4MB(校正データ時の数値)。 ※このコンテンツは底本が古いので、紙面データのクリーンアップに努めてはおりますが、写真等、若干お見苦しい箇所があるかも知れません。あらかじめご了承ください。 【ご注意】※レイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。 ※この作品はカラー版です。
  • 決定版 全スーパー戦隊 超戦力超百科
    -
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 1975年登場の秘密戦隊ゴレンジャーから2013年登場の獣電戦隊キョウリュウジャーまで、全37大スーパー戦隊のすばらしい超パワーを、大比較・大特集だ。 悪をきりさく必殺の剣技、怪力戦士たちの超パワー格闘技、敵をおいつめるスピード戦法、スーパー戦士たちの超武術、あやつるスーパーマシンたち、正確な射撃技にダイナミックなキック攻撃、豪快チェンジなどの特殊パワー、スーパーハイウェイバスターなどの最強パワーをほこる超必殺武器、飛行斬りをはじめとした素早くきめるフライング攻撃、キョウリュウジャーのアームド・オンなどの超パワーアップ等々、スーパー戦隊の強さをじっくり読みくらべてほしい。もちろん、巨大ロボたちの超パワーや武術・体術、武器を駆使した戦い方も掲載。チームで戦うスーパー戦隊シリーズならではの魅力がたっぷりです。 ★登場するスーパー戦隊★ 秘密戦隊ゴレンジャー、ジャッカー電撃隊、バトルフィーバーJ、電子戦隊デンジマン、太陽戦隊サンバルカン、大戦隊ゴーグルファイブ、科学戦隊ダイナマン、超電子バイオマン、電撃戦隊チェンジマン、超新星フラッシュマン、光戦隊マスクマン、超獣戦隊ライブマン、高速戦隊ターボレンジャー、地球戦隊ファイブマン、鳥人戦隊ジェットマン、恐竜戦隊ジュウレンジャー、五星戦隊ダイレンジャー、忍者戦隊カクレンジャー、超力戦隊オーレンジャー、激走戦隊カーレンジャー、電磁戦隊メガレンジャー、星獣戦隊ギンガマン、救急戦隊ゴーゴーファイブ、未来戦隊タイムレンジャー、百獣戦隊ガオレンジャー、忍風戦隊ハリケンジャー、爆竜戦隊アバレンジャー、 特捜戦隊デカレンジャー、魔法戦隊マジレンジャー、轟轟戦隊ボウケンジャー、獣拳戦隊ゲキレンジャー、炎神戦隊ゴーオンジャー、侍戦隊シンケンジャー、天装戦隊ゴセイジャー、海賊戦隊ゴーカイジャー、特命戦隊ゴーバスターズ 、獣電戦隊キョウリュウジャー ※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

最近チェックした本